fbpx

ActiveCampaignでSPF、DKIM、DMARCを設定する方法

この記事では、メールマーケティングにおけるメールの認証プロセスの重要性と、ActiveCampaign(アクティブキャンペーン)を使用してSPF、DKIM、DMARCを設定する具体的な方法について説明しています。2024年からの新しいGmailとYahooの認証要件に対応するためにも、これらの設定がなぜ重要なのか、そしてそれぞれの認証プロトコルがどのように機能し、どのように設定するのかについて詳しく解説しています。メールが受信者の受信トレイに確実に届くようにするために、これらの認証手順の適切な設定が不可欠であることを理解し、あなたのメールマーケティング戦略を成功に導きましょう。

この記事の内容を解説した動画はこちら

動画で本記事の内容をご覧になりたい方は以下の動画をご覧ください。

メールマーケティングの進化と新たな認証要件

メールマーケティングは、デジタルマーケティングの中でも重要な役割を担っています。このコミュニケーション手段は、顧客との直接的なつながりを築き、製品やサービスの情報を効果的に伝えるために不可欠です。しかし、その効果を最大限に引き出すためには、送信されたメールが確実に受信者の受信トレイに届くことが重要です。これは、メールの認証によって実現されます。

メールの認証は、送信者が正当なソースからメールを送信していることを受信者のメールサービスに保証するプロセスです。これにより、スパムやフィッシング詐欺から受信者を保護し、メールの信頼性を高めることができます。

2024年2月からは、メールマーケティングの世界において重要な変更が予定されています。GmailとYahooは、SPF(Sender Policy Framework)、DKIM(Domain Keys Identified Mail)、DMARC(Domain-based Message Authentication, Reporting, and Conformance)といった認証標準の要件を強化します。これらの変更により、メール送信者は、自分たちのメールが受信者に届くために、これらの認証手順を適切に設定する必要があります。

詳細は以下のGoogleのドキュメントに記載されています。

Googleの公式ドキュメント:メール送信者のガイドライン
https://support.google.com/a/answer/81126

ActiveCampaign (アクティブキャンペーン)などのメール配信プラットフォームを使用している場合、これらの新しい要件に対応するためには、SPF、DKIM、DMARCの設定を適切に行うことが不可欠です。これにより、あなたのメールキャンペーンが成功する確率が大幅に高まり、顧客との信頼関係を損なうことなく、安全かつ効率的にコミュニケーションを行うことができます。

また、以下の解説記事はActiveCampaignの公式ドキュメントをベースに作成しておりますので、リンクを貼っておきます。

SPF, DKIM, and DMARC Authentication
https://help.activecampaign.com/hc/en-us/articles/206903370-SPF-DKIM-and-DMARC-Authentication

ActiveCampain(アクティブキャンペーン)ので SPF設定について

SPFとは何か

SPF(Sender Policy Framework)は、電子メールの送信者を認証するためのメソッドです。これは、ドメインの所有者が、そのドメイン名からメールを送信することができるサーバーを特定し、公開することによって実現されます。受信側のメールサーバーは、SPFレコードを参照して、受信したメールが正当な送信元から来たものかどうかを判断します。このプロセスは、なりすましを防ぎ、メールの信頼性を高めるのに役立ちます。

SPFの設定手順

ActiveCampaignによる自動設定:

ActiveCampaignは、すべての顧客に対してSPFを自動的に設定します。このため、ActiveCampaignを使用している場合、独自にSPFレコードを作成したり、既存のレコードを変更する必要はありません。この自動設定により、あなたのメールが正当な送信元からのものとして認識され、受信者の受信トレイに確実に届きます。(SPFについては設定の必要はありませんのでご安心ください。)

ActiveCampaign (アクティブキャンペーン)でのDKIM設定について

DKIMとは何か

DKIM(DomainKeys Identified Mail)は、電子メールの送信者を認証するためのもう一つの重要なメソッドです。DKIMは、電子メールにデジタル署名を加えることで、メールが特定のドメインから実際に送信されたことを証明します。この署名はメールのヘッダーに隠されており、受信者のメールサーバーは送信者のドメイン上の公開鍵を使用して、この署名を検証します。これにより、メールの内容が途中で改ざんされていないことが保証され、信頼性が高まります。

DKIMの設定手順

ActiveCampaignアカウントでのログインと設定へのアクセス:

  1. ActiveCampaignアカウントにログインし、左側のメニューから「Setting」を選択します。
  2. 「Advanced」タブを開き、「I will manage my own email authentication.(私は自分のメール認証を管理する)」オプションを選択します。

CNAMEレコードの生成とDNSプロバイダでの設定:

  1. ActiveCampaignは、DKIM設定のための2つのCNAMEレコードを生成します。これらのレコードをあなたのドメインのDNSプロバイダ(例:Xサーバーやムームードメインなど)で設定してください。
  2. DNSホストで次の情報を使用してCNAMEレコードを設定します:
  • タイプ: CNAMEを選択。
  • 名前またはホスト: ActiveCampaignから提供されるCNAME「Name」(例: acdkim1.domainkey)を入力。
  • 値またはレコード: ActiveCampaignで示されるCNAME「Value」をコピー&ペースト。
  • TTL: DNSホストの推奨またはデフォルトの設定を使用(デフォルトがない場合は300を推奨)。

ActiveCampaignでの(アクティブキャンペーン) DMARC設定について

DMARCとは何か

DMARC(Domain-based Message Authentication, Reporting, and Conformance)は、SPFとDKIMを補完する電子メール認証のプロトコルです。DMARCはドメイン所有者がメールポリシーを定義し、メールがSPFまたはDKIMの認証に失敗した場合にメールボックスプロバイダーが取るべきアクションを指示します。これにより、ドメインのなりすましを防ぎ、メールのセキュリティを強化します。

DMARCの設定手順

  1. DMARCポリシーの種類と選択方法:
  • DMARCポリシーには「なし(None)」、「隔離(Quarantine)」、「拒否(Reject)」の3種類があります。
  • 「なし」はDMARCが失敗したメールを通常通り扱い、レポートのみを受け取ります。
  • 「隔離」はDMARCが失敗したメールをスパムフォルダに移動させます。
  • 「拒否」はDMARCが失敗したメールを配信しないようにします。
  • 最初は「なし」から始め、DMARCレポートを監視しながら、必要に応じてポリシーを「隔離」や「拒否」に移行することをお勧めします。

TXTレコードを用いたDMARC設定の具体的な手順:

  • DNSプロバイダで新しいTXTレコードを作成します。
  • レコードのホスト名は「dmarc.あなたのドメイン名」に設定します。
  • レコードの値は、選択したDMARCポリシーに応じて設定します。例えば、「v=DMARC1; p=none; pct=100; rua=mailto:youremail@example.com」という値は、「なし」のポリシーを設定し、すべてのメールを監視し、レポートを指定したメールアドレスに送信することを意味します。
  • 追記:上記はActiveCampaignのサイト上で推奨されている例ですが、正直レポートを受け取ってもしょうがない部分もあるので、以下の設定を行うことを個人的は推奨いたします
  • 種類 TXT
  • 名前 _dmarc
  • 内容 v=DMARC1; p=none;

DMARCレポートの受け取り方法と分析:(通常は不要です)

  • DMARCレコードの「rua=mailto:」部分にあなたのメールアドレスを指定することで、DMARCのレポートがそのアドレスに送信されます。
  • これらのレポートはXML形式で送られ、DMARCの監視ソリューションを使用することでより読みやすく、行動を起こしやすい形で分析することができます。
  • ActiveCampaignの「DMARC Digests」などのツールを使用して、レポートの分析と対応を行うことができます。(と書かれていますが、有料のツールですので、あえて使うほどのメリットは感じにくいので導入しなくてOKです。)

設定が正しく行えているかをGmailとYahooメールで確認する方法

この設定が完了したら、実際にメルマガを送ってみましょう。

実際に送信されたメールの中で「認証設定が正しく行われているか?」を確認する方法についてお伝えします。

Gmailで確認する方法

まず自分が送信したメールを開き、右上の…アイコンをクリックし、「メッセージのソースを表示」をクリックします。

そうすると、メールの詳細画面が表示されますので、SPF、DKIM、DMARCが3つとも「PASS」になっっていれば認証設定が正しく行えている証拠です。(設定ミスがあると「FAIL」と表示されてしまいます。)

Yahoo(Japan)メールで確認する方法

Yahooメールでも同じように認証設定を確認することができます。

自分が送信したメールを開き、「From」の下にある「認証 このメールの認証情報」をクリックします。

そうすると、認証の結果が表示されますので、SPF、DKIM、DMARCの3つともPASSになっていればOKです。(設定ミスがあると「FAIL」と表示されてしまいます。)

このようにGmailとYahooメールで実際に自分が送ったメールの認証結果を確認するようにしてください。

Google Postmaster Toolも導入してメール配信の結果を確認しましょう!

認証の設定が終わったら、Google Postmaster Toolという無料のツールで今回設定した認証の成果や問題点などを監視できますので、以下の記事をご覧いただくことを推奨いたします。

まとめ: SPF、DKIM、DMARCの重要性とメール配信への影響

メールマーケティングの効果を最大限に引き出すためには、メールが正確に配信され、受信者に届くことが重要です。SPF、DKIM、DMARCの設定は、この目標を達成するための鍵となります。

SPF(Sender Policy Framework) は、あなたのドメイン名を使用して送信されるメールが正当な送信元から来ていることを確認し、なりすましを防ぐための方法です。ActiveCampaignは、これを自動的に設定し、安全かつ効果的なメール送信を支援します。

DKIM(DomainKeys Identified Mail) は、メールにデジタル署名を追加することで、メールが改ざんされずに送信されたことを保証します。ActiveCampaignでは、独自のドメインに対して簡単にDKIM設定を行うことができます。

DMARC(Domain-based Message Authentication, Reporting, and Conformance) は、SPFとDKIMに基づいて、メールが認証に失敗した場合に取るべきアクションを定義します。これにより、ドメインのなりすましを防ぎ、メールのセキュリティを一層強化することができます。

これらの認証プロセスを適切に設定することで、メールは受信者の受信トレイに確実に届き、スパムフォルダに振り分けられるリスクを減らすことができます。また、信頼できる送信元からのメールとして認識されることで、受信者との関係構築にも貢献します。

結論として、SPF、DKIM、DMARCの各認証メソッドを適切に設定することは、メールマーケティングの成功において不可欠であり、あなたのメッセージが受信者に届く可能性を大いに高めます。これにより、あなたのビジネスやブランドの信頼性を保ちながら、効果的なコミュニケーションを維持することができるでしょう。

ActiveCampaignを使ってメール配信をされている方は必ずこの設定を行なった上でメールを配信するようにしてください。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

関連記事リンク

ActiveCampaginの使い方解説記事はこちら

その他のメール配信システムをお使いの方は以下の記事もお役立てください。


最新情報をチェックしよう!