Google Tag Managerの使い方を初心者もわかりやすく解説します

あなたのウェブサイト運営に革命を起こすGoogle タグマネージャー。この記事では、初心者でも簡単に使いこなせるよう、基本的な設定から高度な活用方法までステップバイステップで解説します。タグ管理の効率化だけでなく、サイトパフォーマンスの向上詳細なデータ分析を可能にするこのツールの魅力を余すことなくお伝えします。よくある失敗とその対処法、さらにはプロフェッショナルな使いこなしのコツまで、あなたのデジタルマーケティングスキルを確実に底上げする情報が満載です。Google Tag Managerを活用したい方はぜひこの記事を最後までご覧ください。

はじめに:なぜGoogle タグマネージャーが必要なのか

あなたは自社のウェブサイトを運営しながら、こんな悩みを抱えていませんか?

  • 新しい広告タグを追加するたびに、外注のITチームに依頼しなければならない
  • 複数のウェブサイトを運営していて、タグの管理が煩雑になっている
  • サイトの表示速度が遅くなり、ユーザー体験に影響が出ている

もしそうなら、Google タグマネージャーがあなたの救世主になるかもしれません。

Google タグマネージャーは、ウェブサイトやモバイルアプリに様々なマーケティングタグやトラッキングコードを簡単に追加・管理できる無料ツールです。このツールを使えば、プログラミングの知識がなくても、サイトの解析や広告配信に必要なタグを自分で管理できるようになります。

Google Tag Managerの公式サイトはこちら
https://marketingplatform.google.com/intl/ja/about/tag-manager/

例えば、こんなことが可能になります:

  • 複数のウェブサイトのタグを一元管理
  • 新しいタグの追加や既存タグの変更をITチームに頼らず即座に実行
  • サイトのパフォーマンスを向上させながら、より詳細なデータ収集が可能に

私自身、以前は複数のウェブサイトを運営する中で、タグ管理に多くの時間を費やしていました。しかし、Google タグマネージャーを導入してからは、作業効率が大幅に向上し、マーケティング施策の実行スピードが格段に上がりました

この記事では、Google タグマネージャーの基本概念から実際の設定方法、さらには活用のコツまで、初心者の方にもわかりやすく解説していきます。この記事を読み終わる頃には、あなたもGoogle タグマネージャーを使いこなし、より効率的なウェブサイト管理ができるようになっているはずです。

では、まずGoogle タグマネージャーとは何か、その基本から見ていきましょう。

Google タグマネージャーとは?

Google タグマネージャーの基本概念

Google タグマネージャーは、ウェブサイトやアプリに様々なタグを簡単に追加・管理できるツールです。ここでいう「タグ」とは、主にマーケティングや分析のために使用されるJavaScriptのコード片のことを指します。

例えば、以下のようなタグがあります:

  • Google アナリティクスのトラッキングコード
  • Google 広告のコンバージョントラッキングタグ
  • リマーケティングタグ
  • 他の広告媒体のトラッキングコード(Metaピクセル、TikTokピクセルなど)

従来の方法では、これらのタグを追加・変更するたびに、ウェブサイトのソースコードを直接編集する必要がありました。しかし、Google タグマネージャーを使用すると、ウェブサイトに1度だけタグマネージャーのコードを埋め込めば、後はブラウザ上の管理画面から簡単にタグの追加・変更・削除ができるようになります。

主なメリットと活用シーン

Google タグマネージャーを使用することで、以下のようなメリットが得られます:

  • 1.作業効率の向上

タグの追加・変更がブラウザ上で簡単にできるため、ITチームに依頼する必要がなくなります。マーケティング担当者が直接タグを管理できるようになり、施策の実行スピードが格段に上がります。

  • 2.エラーの減少

タグの設定ミスによるエラーを事前にチェックする機能があるため、誤ったタグを公開するリスクが減少します。

  • 3.サイトパフォーマンスの向上

複数のタグをまとめて管理・読み込みすることで、サイトの表示速度が向上します。これは特にモバイルユーザーのエクスペリエンス向上に寄与します。

  • 4.バージョン管理と簡単なロールバック

タグの変更履歴が保存されるため、問題が発生した場合に以前のバージョンに簡単に戻すことができます。

  • 5.詳細な条件設定

特定のページや特定の条件下でのみタグを発火させるなど、細かな制御が可能になります。

Google タグマネージャーは、以下のような場面で特に威力を発揮します:

  • 複数のウェブサイトを運営している場合
  • 頻繁にマーケティングキャンペーンを行い、タグの追加・変更が多い場合
  • A/Bテストなど、細かなタグ制御が必要な場合
  • サイトのパフォーマンス改善が課題となっている場合

あなたのウェブサイト運営においても、これらのメリットを活かせる場面が多々あるのではないでしょうか?

次のセクションでは、実際にGoogle タグマネージャーを設定する手順を、ステップバイステップで解説していきます。

Google タグマネージャーの設定手順

Google タグマネージャーを使い始めるには、まずアカウントとコンテナを作成し、そのコードをウェブサイトに設置する必要があります。以下に、その手順を詳しく説明します。

アカウントとコンテナの作成

  • 1.Google タグマネージャーにアクセス

ブラウザで「Google タグマネージャー」と検索するか、直接 https://tagmanager.google.com/ にアクセスします。

  • 2.Googleアカウントでログイン

既存のGoogleアカウントを使用するか、新しいアカウントを作成してログインします。

  • 3.アカウントの作成

「アカウントを作成」ボタンをクリックし、以下の情報を入力します。

  • アカウント名(例:あなたの会社名)
  • データ共有の設定(任意)
  • 4.コンテナの作成

アカウント作成後、すぐにコンテナの作成画面に移ります。以下の情報を入力します。

  • コンテナ名(例:あなたのウェブサイト名)
  • コンテナの使用先(「Web」を選択)
  • 5.利用規約に同意

Google タグマネージャーの利用規約を確認し、同意します。

これで、アカウントとコンテナの作成は完了です。次に、作成したコンテナのコードをあなたのウェブサイトに設置します。

インストールコードの取得と設置

  • 1.インストールコードの取得

コンテナ作成後、2種類のコードが表示されます。

  • 1つ目のコード:ページの <head> 内のなるべく上のほうに貼り付けてください。
  • 2つ目のコード: <body> の直後に貼り付けてください。
  • 2.コードをコピーしてウェブサイトに設置する

あなたのウェブサイトのソースコードに、コピーしたコードを設置します。

実際に貼り付ける画面はあなたが使用しているサイト作成してシステムによって異なりますので、どこに貼り付ければ良いかわからない場合は、サイト作成システムの運営会社に問合せてください。

できれば指示通りに、HeadとBodyにそれぞれコードを貼り付けることが推奨されていますが、サイト作成システムによっては、Head欄はあってもBody欄は存在しないケースもありますので、その場合はHeadに1つ目のコードを貼り付けるだけでも構いません。

  • 5.設置の確認

コードを正しく設置できたか確認するには、以下の方法があります。

先ほどのコードの取得用のポップアップを開き、「3. ウェブサイトをテストする(省略可)」にあなたのサイトのURLをインストールして、正しくコードの設置ができているか確認してください。

緑色の✔︎マークが表示されたら、正しくコードが設置できていることになります。

注意点

  • WordPressなどのCMSを使用している場合、プラグインを利用してコードを簡単に設置できることがあります。
  • 複数のウェブサイトを運営している場合、各サイトに同じ手順でコードを設置する必要があります。
  • 弊社であれば、ワードプレス、オンライン講座視聴用のメンバーシップサイト、ランディングページ作成システム、などなど使用しているサイト作成システムごとにGoogle Tag Managerのコードを貼り付けて運用しています。(それぞれのサイトに貼るコードは全て同じです。)

これで、Google タグマネージャーの基本的な設定は完了です。次のセクションでは、実際にGoogle タグを設定する方法について説明していきます。

Google タグの設定方法

Google タグマネージャーを設置したら、次は実際にタグを設定していきます。ここでは、Google タグ(旧Google アナリティクスタグ)を例に、設定手順を説明します。

新規タグの作成

  1. Google タグマネージャーの管理画面にアクセス

先ほど作成したアカウントとコンテナを選択します。

  • 2.新規タグの作成

左側のメニューから「タグ」を選択し、「新規」ボタンをクリックします。

  • 3.タグの名前を設定

わかりやすい名前を付けます(例:「Google タグ」)。

  • 4.タグの種類を選択

「タグの設定」セクションで「Google タグ」を選択します。

  • 5.タグIDの入力

Google 広告の画面から取得したタグIDを入力します。Google 広告の「ツール」→「Google タグ」から確認できます。

トリガーの設定

トリガーとは、タグを発火させる条件のことです。Google タグの場合、通常はすべてのページで発火させます。

  • 1.トリガーの選択

「トリガー」セクションで「トリガーを選択」をクリックします。

  • 2.「All Pages」を選択

既定で用意されている「All Pages」トリガーを選択します。これにより、すべてのページでタグが発火します。

  • 3.保存

右上の「保存」ボタンをクリックして、タグの設定を保存します。

「公開」をする(忘れやすいので注意!)

タグの設定が完了しても、まだ実際のウェブサイトには反映されていません。変更を反映させるには、必ず公開する必要があります

  • 1.変更の確認

右上の「送信」ボタンをクリックします。変更内容の概要が表示されるので、確認します。

  • 2.バージョン名の入力

変更内容がわかるような名前を付けます(例:「Google タグ追加 2024/6/24」)。

  • 3.公開

「公開」ボタンをクリックして変更を反映させます。

重要: 公開を忘れると、せっかく設定したタグが機能しません。タグの設定や変更を行ったら、必ず公開することを習慣づけましょう。

タグの動作確認

設定したタグが正しく動作しているか確認するには、以下の方法があります:

Chrome拡張機能の「Google タグアシスタント」を使用すると、ページ上のタグを簡単に確認できます。

Chromeブラウザの拡張機能もインストールしておきましょう。
https://tagassistant.google.com/

弊社では、Googleタグアシスタント以外にも、Meta広告、TikTok広告、Pinterest広告、Microsoft広告のタグのタグが貼られている確認するための拡張機能をそれぞれChromeにインストールしていますので、Google広告以外の広告媒体も配信される予定のある方は、それらも使用して各媒体のタグが適切に設置されているかどうかを確認してください。

以上が、Google タグの基本的な設定方法です。この手順を応用すれば、他の種類のタグも同様に設定することができます。

よくある失敗とその対処法

Google タグマネージャーを使用する際、初心者がよく陥りがちな失敗がいくつかあります。ここでは、そうした失敗とその対処法を紹介します。これらを知っておくことで、スムーズにタグ管理を行えるようになるでしょう。

1. タグの公開忘れ

失敗: タグを設定したのに、なぜかデータが収集されない。

対処法:

  • タグを設定した後、必ず「公開」ボタンをクリックしましょう。
  • 公開忘れを防ぐため、タグ設定後に必ず公開するという習慣をつけることが大切です。
  • チームで作業している場合は、公開前にダブルチェックする体制を整えるのも効果的です。

2. コンテナコードの不適切な設置

失敗: Google タグマネージャーのコンテナコードを正しく設置できていない。

対処法:

  • タグ内のコードは、できるだけタグの先頭近くに配置しましょう。
  • タグ直後のコードは、本当にタグのすぐ後に配置されているか確認してください。
  • WordPressなどのCMSを使用している場合、専用のプラグインを利用すると簡単に正しく設置できます。

3. トリガー設定の誤り

失敗: タグは設定したが、意図したタイミングで発火しない。

対処法:

  • トリガーの設定を再確認しましょう。例えば「All Pages」を選択すべきところを特定のページだけに限定していないか。
  • 複雑なトリガー条件を設定している場合、プレビューモードを使って動作を確認してください。
  • 必要に応じて、カスタムイベントトリガーの使用を検討しましょう。

4.タグの重複

失敗: 同じタグを複数回設定してしまい、データが重複して収集される。

対処法:

  • 新しいタグを追加する前に、既存のタグを確認しましょう。
  • タグに明確で一貫性のある命名規則を使用し、管理を容易にします。
  • 定期的にタグの棚卸しを行い、不要なタグや重複しているタグを整理しましょう。

5.セキュリティリスク

失敗: 信頼できないソースからのタグを追加してしまう。

対処法:

  • 追加するタグの出所を必ず確認しましょう。
  • 可能な限り、公式のタグテンプレートを使用してください。
  • カスタムHTMLタグを使用する場合は、そのコードの安全性を十分に確認してから追加します。

これらの失敗を認識し、適切に対処することで、Google タグマネージャーをより効果的に使用できるようになります。

まとめ:Google タグマネージャーで効率的なウェブサイト管理を

ここまで、Google タグマネージャーの基本から応用まで、詳しく解説してきました。最後に、これまでの内容を振り返り、Google タグマネージャーを活用することで得られるメリットをまとめてみましょう。

Google タグマネージャーの主なメリット

  • 1.作業効率の向上

タグの追加、変更、削除がウェブサイトのコードを直接触ることなく行えるため、マーケティング担当者が迅速に対応できます。

  • 2.エラーリスクの低減

プレビュー機能やバージョン管理機能により、タグの誤設定によるエラーリスクを大幅に減らすことができます。

  • 3.サイトパフォーマンスの改善

複数のタグをまとめて管理することで、ページの読み込み速度が向上し、ユーザー体験の改善につながります。

  • 4.柔軟なデータ収集

データレイヤーを活用することで、より詳細で柔軟なデータ収集が可能になります。

  • 5.チーム作業の効率化

ワークスペース機能を使うことで、複数人でのタグ管理作業がスムーズに行えます。

効果的な活用のためのポイント

Google タグマネージャーを最大限に活用するためには、以下のポイントを押さえることが重要です:

  • 計画的な導入: サイトの構造や必要なタグを事前に整理し、計画的に導入しましょう。
  • 継続的な学習: Google タグマネージャーは常に進化しています。新機能や best practice を継続的に学んでいくことが大切です。
  • チーム内での知識共有: タグ管理の知識やノウハウをチーム内で共有し、組織全体のスキルアップを図りましょう。
  • 定期的な見直し: タグの設定や運用状況を定期的に見直し、常に最適化を心がけましょう。

今後の展望

デジタルマーケティングの世界は日々進化しています。Google タグマネージャーを使いこなすことで、あなたは常に最新のマーケティングテクノロジーを迅速に導入し、競合他社に先んじることができるでしょう。

Google タグマネージャーは、単なるタグ管理ツールではありません。

それは、あなたのウェブサイトを効率的に管理し、マーケティング施策を迅速に展開するための強力な武器なのです。

この記事で学んだ知識を活かし、ぜひGoogle タグマネージャーを導入してみてください。きっと、あなたのウェブサイト運営に新たな可能性が開けるはずです。

関連記事はこちら

最新情報をチェックしよう!