融資を受けずに無借金でビジネスを拡大する方法とは?

ネット上でコンテンツビジネスを拡大したいけれど、

「資金がないので銀行や投資家から融資をしてもらうしかない…」

と考えている方はいませんか?

でも、大丈夫です。

融資を受けなくても、確実にビジネスを拡大できる方法があるのです。

そこで今回は、「融資を受けずに無借金でビジネスを拡大する方法」について詳しくご紹介します。

自己資金だけでビジネスを拡大したいと考えている方はぜひ参考にしてください。

ビジネスを拡大するにはお金を借りるのがセオリー

2022年現在、アプリやウェブサービスなどのコンテンツを開発して起業するコンテンツビジネスがより一般的になってきました。

しかし、そうやって起業したほとんどのビジネスが長続きせず、潰れてしまっているのが現状です。

コンテンツビジネスを拡大するためには、常に新規のユーザーを獲得しなくてはなりません。

そのためには多大な広告費や、人員・サーバーなどのリソースが必要です。

よって多くの起業家が、投資家や銀行などに融資を依頼し、資金を投入してもらっています。

つまり、「人のお金を借りながらビジネスを拡大していく」ことがセオリーになっているのです。

人のお金を借りると自由にビジネスができなくなる

しかし、借金をしてビジネスを拡大することは当然リスクを伴います。

なぜなら、人のお金を借りてしまうと、自分で好きなようにビジネスができなくなるからです。

もし、お金を借りずに自己資金だけでビジネスを行えば、いつでも自分がやりたいことに挑戦できます。

つまり、誰にも遠慮することなく「自由に意思決定」することができるのです。

しかし、外部のお金を入れてしまうと、自分の思い通りにビジネスを進めることができないばかりか、借金のためにやめたくてもやめられない状況に追い込まれてしまいます。 

このように、融資を受けることは自由な意思決定の権利を奪われることにつながりかねません。

だからこそ、私ヒルトルの会社は

「できるだけ無借金で運営する」

ことを基本方針としてビジネスを展開しています。

自己資金だけでビジネスを拡大するには?

では、どうすれば自己資金だけでビジネスを拡大できるのでしょうか?

その方法としておすすめしたいのが、Webサイト作成ツール「クリックファネル(Clickfunnels)」のビジネスモデルです。

クリックファネルは、アメリカの有名起業家のラッセル・ブランソン氏が開発したマーケティングツールで、世界中で十数万人のユーザーを誇る「世界最強のセールスサイト作成ツール」と呼ばれています。

クリックファネルの最大のメリットは、確実に売上をアップできるセールスサイトを簡単に作成できる点です。

実際、私もこの4~5年ほど、ほとんどのセールスサイトやマーケティング用のページをこのクリックファネルを使って作成し、売り上げをアップしています。

実はこのクリックファネルは、現在まで外部からの投資を一切受け入れることなく、100億円企業までに成長しているのです。

一体、どのような方法でビジネスを行っているのでしょうか?

Clickfunnels(クリックファネル)社のビジネス方法とは?

オンラインコンテンツビジネスでは、通常アプリなど新しいコンテンツを開発した場合、ウェブ広告やテレビCMなどに多大な費用を掛けてビジネスを拡大させていきます。

さらに、広告を掛けて販売するのは、「継続課金のメイン商品」のみということが多いのです。

しかし、私も使っている海外では有名なウェブサイト作成ツールであるクリックファネルはそのような一般的な方法を取りませんでした。

(クリックファネルの詳細はこちらの記事をご覧ください)

Clickfunnels社の創業者であるラッセル・ブランソン(Russell Brunson)氏はまず、メイン商品を世の中に出す前に「本」を販売したのです。

『ドットコムシークレッツ(DOTCOM SECRETS)』という三部作の書籍で、ラッセル・ブランソン氏が実際に行ったセールス戦略をまとめたものです。

これらの本をメイン商品を売る前に、無料でプレゼントしたのです。

もちろん、本だけでは利益が出ないため、本の内容に関係のあるウェブセミナーやビデオ講座、オンライン講座などのデジタルコンテンツを商品として販売しました。

つまり、実際にメイン商品を販売する前に、まずはコンテンツを売ってお金を稼ぎ、多大な広告費を回収することに成功したのです。

いきなりメイン商品を売るのは難しい

オンラインコンテンツビジネスで多いのが、

「アプリを開発しました!今なら無料で体験できます!今すぐお試しください!」

と、いきなりメイン商品を不特定多数にセールスする方法です。

しかし、このようなやり方では、

「ああ、また変なサイトが出てきたな」

「どうせ詐欺なんだろう」

と思われるのがオチです。

しかし、メイン商品の前に安い本やデジタルコンテンツなど価値のある知識を販売することで、お客様は「いいことを教えてもらった」と感じやすくなります。

そして、徐々に「先生」として認識されるようになり、「この人についていけば間違いない」と思ってもらえるようになるのです。

つまり、メイン商品を売る前に、お客様を自分や商品のファンにしてしまうわけです。

しかも、自分の経験を元に作成したコンテンツであれば、ほとんど原価が掛からないため非常に利益率が高くなります。

まさに、お客様から「お金を頂きながら」集客することができるのです。

そして、そのようなファンになってくれた方を中心にメイン商品を売っていけば、確実に売り上げもアップしていきます。

このように、いきなりメイン商品を販売するのではなく、これまでの知識や経験などをコンテンツにして販売すれば、より効率的に利益を上げることができるのです。

ヒルトルの自己資金のみで行うビジネス拡大方法

それでは、私ヒルトルの自己資金のみで行うビジネス拡大方法をご紹介しましょう。

私の会社では、メイン商品(バックエンド商品)として
 
●ヒルトルインナーサークル(月額会員制コミュニティ)
●フェイスブックグループ講座
●個別コンサルティング

などを販売しています。

このメイン商品をいきなり販売するのではなく、以下のようないくつかのプロセスを経たうえでお客様に提案するようにしています。

1.SNSで認知度アップ

YouTubeやFacebookなどでコンテンツをアップしたり広告を流したりすることで、認知度を上げてファンを獲得していきます。

2.無料オファー

PDFや動画など価値のあるコンテンツを無料で提供し、見込み客様のメルアドを集めてリストを作成します。

3.フロント商品(数百円~数千円程度)

電子書籍など数百円~数千円のリーズナブルなデジタルコンテンツを販売します。

4. アップセル商品(数万円程度)

オンライン講座など数千円~数万円の利益率の高いデジタルコンテンツを販売します。

(なお、3、4のフロント商品やアップセル商品を販売は広告費の回収を目的にしています)

5.バックエンド商品

コミュニティやグループ講座、個別コンサルなどのバックエンド商品を提案・販売します。

このように、いきなりバックエンド商品を売るのではなく、アップセル商品やフロント商品など様々な商品を用意してファンを増やし、メイン商品の販売につなげやすくしているのです。

コンテンツを増やす努力を怠らない

コンテンツビジネスを行う方の中には、ひとつの商品だけを作って後は何も販売しないという方がいます。

しかし、ひとつのコンテンツだけを売ってお金を稼ぎ続けることは、短期的に成功することはあっても、長期的にはまず不可能です。

自己資金だけでビジネスを拡大していくためには、様々な利益の出る高額商品を常に開発・販売し、キャッシュフローを健全化させて売り上げをアップしていく必要があります。

そのためにも、コンテンツを増やす努力を怠らず、常に複数の商品を用意しておくように心がけましょう。

低価格のコンテンツで広告費を相殺

また、私は365日ウェブ広告をかけてマーケティングを行っており、広告費は月に数百万円程度かかります。

しかし、メイン商品の前に電子書籍やオンライン講座などのコンテンツを販売し、その収益だけで広告費をしっかり相殺することができています。

このように、低価格のコンテンツを販売して利益を得ているので、多大な広告費を掛けてもキャッシュフローが悪化する心配もなく、安心して運営ができるのです。

以上のように、

1.低価格のコンテンツを販売することでファンになってもらう
2.低価格のコンテンツの収益で広告費を相殺する
3.低価格のコンテンツを購入していただいたお客様に利益率の高いバックエンド商品を紹介・販売する

というプロセスによって、融資を受けることなく自己資金だけでビジネスを拡大できています。

低価格のコンテンツを上手く利用すれば融資を受けずにビジネスを拡大できる!

今回は、「融資を受けずに無借金でビジネスを拡大する方法」をご紹介しましたが、いかがでしたか?

ネット上で完結するビジネスの場合、低価格のフロントエンド商品をつくることでお客様をファン化できるだけでなく、広告費もしっかり回収できます。

そして、ファン化したお客様に対し、徐々に利益率の高いバッグエンド商品を紹介すれば、いきなりメイン商品を販売するよりも成約率が高くなり、売り上げを確実にアップすることができるのです。

こうすれば、融資を受けずにビジネスを拡大することが十分可能になります。 

ぜひ、あなたもこの素晴らしいマーケティングモデルを参考にして、ネット上でビジネスを拡大していきましょう!

YouTube動画はこちら

最新情報をチェックしよう!