fbpx

【KJ解説その66】デッドラインファネルでKajabi を選ぶ場合の設定方法

Kajabi(カジャビ)とDeadlinefunnel(デッドラインファネル)を連携する際に、デッドラインファネル側で行うべき締切の設定方法について詳しく解説していきます。

前回の記事はこちら

解説動画はこちら

設定方法

今回は、Kajabi(カジャビ)とDeadlinefunnel(デッドラインファネル)を一緒に使う際のキャンペーンの設定方法を解説します。

左上のメニューにある「Campaigns」(キャンペーン)にある「Create New Campaigns」(クリエイトニューキャンペーン)を押下します。

Deadlinefunnelでは締切のことをキャンペーンと呼び、1締切=1キャンペーンとなります

画面が切り替わるので、「Campaigns Name」(キャンペーンネーム)には自分が分かりやすいように名前(ここでは 〇〇ファネル自動締切)を付け、入力します。

その右にある「Category」(カテゴリー)とは、後で管理しやすくするためのフォルダのようなものですので、任意に作成してください(ここでは テスト1)。

フォルダを作る場合

フォルダを新しく作る場合はこの欄にタイトルを入力して「Create~」を選択すればフォルダが作成されます。

使用ツールを選択

次の設定に移ります。

ここではどのツールを使用するかを設定します。

今回はKajabiを使用するので、左の「Select Email Provider」(セレクトEメールプロバイダー)にはKajabiを選択し、その右の「Landing Page Builder」(ランディングページビルダー)も同じくKajabiを選択し、「Next」を押下します。

締め切りの種類を選択

画面が切り替わるのでここでは締め切りの種類を選択します。

様々な種類がありますが、今回は私が最も使用している「Evergreen(エバーグリーン)」を選択します。

これは、ページへの登録や商品購入があればデータを連携先に渡し、ステップメールを使って締め切りに向かってフォローアップをする方法になります。

「Evergreen(エバーグリーン)」をお勧めする理由

「Evergreen(エバーグリーン)」は、他の締め切りと違いブラウザのキャッシュを消去してしまってもタイマーがリセットされることもなく、メールによって段階を踏んでいくので、より締め切りの設定が強固となります。

しかも、今は複数の端末からサイトにアクセスするのが当たり前ですが、そのような場合でもステップメールに添付するリンク(Deadlinefunnelから支給されたリンク)を使うことで、しっかりと締め切りが統一されて、守られる仕組みになっています。

したがって、締め切りを守って有効に使うことができる「Evergreen(エバーグリーン)」をお勧めします。

ここからの設定(締め切りの日時等)に関しては別の回で解説をさせて頂きます。

以上、Kajabi(カジャビ)とDeadlinefunnel(デッドラインファネル)を一緒に使う際のキャンペーンの設定方法を解説しました。

Kajabiの無料お試し期間を14日→30日に増やす方法(さらにKajabiマスタークラスをゲットする方法)

もしあなたがKajabiを使ってみたいとお考えでしたら、以下のバナーをクリックして表示されたお申し込みページからKajabiにお申し込みください。

↑このバナーをクリックして表示されたページからKajabiにお申し込みください!

そうすると、通常は14日間のお試し期間が倍以上となる「30日間お試し」の権利を手にいれることができますので、無料で使える期間が長くなります。(お試し期間内に解約すれば課金はされません。)

また、Kajabiの使い方を全て動画でわかりやすく解説した「Kajabiマスタークラス」をプレゼントいたしますので、ぜひ弊社のリンクからお申し込みいただけると嬉しいです。

「Kajabiマスタークラス」の申請方法

上記のバナー経由で申し込まれた後は弊社の問い合わせフォームからその旨をご連絡ください。

問い合わせフォーム
・Kajabiマスタークラスの受け取りを希望する旨
・Kajabiに申し込まれた際のメールアドレス
・オンライン講座アカウント作成用のメールアドレス
以上を3点をご記入の上、お問い合わせください。
(本当に弊社のリンクでお申し込みいただいたかどうかを確認の上、1-2営業日程度でKajabiマスタークラスを差し上げます。)

Kajabiの導入をご検討されている方はぜひご活用くださいね!

次の記事はこちら

最新情報をチェックしよう!