セールスこそがマーケティングの土台である

あなたは、「セールス(販売)」「マーケティング(集客)」というものは、「全くの別物だ!」と思っていませんか?

もしあなたが、この2つを切り離して考えているとしたら、「セールスとマーケティング」深く結びついている、ということを、知ってください。

セールスとマーケティングの違い

そもそも、ここをしっかりと理解していない人が多いのですが、「マーケティング」という言葉の意味は、「集客」です。

「マーケティング」=「お客様を集めてくること」です。

マーケティングにおいては、「できるだけたくさんのお客様を集めてくること」が、当然、成功の基準です。

そして、「セールス」は、マーケティングで集まった「見込み客(商品を買う可能性の高い人)」に対して、商談の場を設け、クロージングし、売り上げをあげることを目的としています。

セールスは、「1人の人間に売る」こと

ここで覚えておいて欲しいのは、セールスとは、「個人」つまり、「1人の人間に対して、売ること」です。

特に住宅や不動産のような、金額が高いものであればあるほど、「個別の商談」をして、「この人なら、信頼できる!任せても問題ない!」と思うからこそ、お客様は決断し、お金を払うわけです。

セールスの「プロ」は、セールスの秘訣とは、目の前にいるお客様の悩みを理解し、本人が自分の意思で決断し、行動をするための、手助けをしてあげることだ、ということを知っています。

人は、「自分の意思でお金を払って、商品やサービスを買う」のは大好きですが、「自分の意思に反して、無理矢理、お金を払わせられる」のは大嫌いです。

「買う」のは大好きだけど、「売られる」「買わされる」のは大嫌い、ということです。

多くの営業マンや、起業家が、セールスが苦手だと感じるのは、

「お客様の悩みと、自分が売っている商品」を結び付けられておらず、「お客様に無理矢理買わせているのではないか?」と感じてしまっているからです。

マーケティングは、「スケールする」こと

商品やサービスを売り、ビジネスを成功させる秘訣は、「お客様の悩みを知り、その悩みを解決する商品を提供すること」、これだけです。

真実はいつもシンプルです。

そのためには、「お客様の悩みを深く理解し、問題解決のための行動をする後押しをしてあげる」というセールスのスキルが必要不可欠です。

そして、マーケティングとは、「セールスマンが個別に行なっているプロセスを、世の中のたくさんの人と同時に行うこと」です。

「スケールする」という言葉がありますが、1人1人のお客様に対して、個別にセールスをしているプロセスを、規模を拡大し、たくさんの人に同時にあてはめることが「マーケティング」なのです。

「みなさん」は禁句

そうやって、マーケティングを行い、集客をする上で、チラシを書いたり、広告を出したり、ウェブサイトを作ったりする中で、大事なのは「言葉」です。

そこで大事になる、「人を動かし、行動させる言葉」のことを、「コピーライティング」と呼ぶのですが、これを書くときに、本質を間違う人がいます。

それは、「マーケティングとは、たくさんの人にメッセージを伝えることだから、たくさんの人を対象にした言葉を書こう」という考え方です。

これは完全に間違っています。

「みなさん」という日本語がありますが、チラシや、ウェブ上で文章を書いて発信する上で、「みなさん」という言葉は絶対に使ってはいけません。

なぜなら、マーケティングとは、「1人の人間へのメッセージを、同時にたくさんの人に届けること」だからです。

特に、自分の問題を解決しようと悩んでパソコンやスマホを見るときは、人は絶対に「1人」です。

そこで、「みなさん」と言われるよりは、「あなた」と言われた方が、確実に「この人は俺に対して話しかけている」と感じます。

まずは1人の人を幸せにしなさい

まとめると、あなたがこれから新しい商品を販売したい、もしくは、これから起業をしたい、と思っているのであれば、

「まずは1人の人間を幸せにする」ということを考えてください。

「1人のお客様の問題を理解し、その人が自分で問題を解決する後押し」ができるようになったら、それを多くの人に当てはめるのが、「マーケティング」なのです。

1人の人間も幸せにできなければ、もっと多くの人を幸せにすることなんて、絶対にできないですよね??

ですので、あなたも「マーケティング(集客)」をして、ビジネスを成功させたいと思っているのであれば、「セールスのスキル」こそが、全ての土台である、ということを知っておいてください。

また、このような内容を深く解説するレポートや教材も公開しますので、お楽しみに!

セールスやマーケティング、コピーライティングについて、もっと深く知りたい人は、ぜひ私がアメリカに行って学んできた「フェニックスセミナーレポート」を読んでみてくださいね!

ではまた!!