生成AIを使ってYouTube広告の動画シナリオを最速で作る方法

YouTube広告で成果を出すために必要不可欠な、効果的な動画シナリオの作成。しかし、それには多くの時間と労力がかかります。そこで、生成AIを活用したYouTube広告シナリオの作成方法に注目が集まっています。本記事では、生成AIを使ったシナリオ作成の具体的な手順と、その効果を実例を交えて解説します。生成AIを活用することで、時間と労力を大幅に削減し、YouTube広告の審査通過率を高め、広告効果を改善できることがわかります。効率的なYouTube広告運用を目指す方は、ぜひ本記事を参考に、生成AIの活用を検討してみてください。

はじめに

YouTubeは世界最大の動画共有プラットフォームであり、広告主にとって非常に魅力的な広告配信先です。しかし、YouTube広告で成果を出すためには、視聴者の心を掴み、強いインパクトを与える動画シナリオが不可欠です。

ここで問題になるのが、YouTube広告の動画シナリオ作成に時間がかかってしまうという点です。高品質な動画シナリオを作るためには、視聴者の心理を理解し、適切な訴求方法を考える必要があります。これには多くの労力と時間が必要となります。

しかし、生成AIを活用することで、YouTube広告の動画シナリオ作成を大幅に効率化することができます。生成AIは膨大なデータから学習し、人間のような自然な文章を生成することができます。また、複数のバリエーションを短時間で作成できるため、時間を大幅に節約できます。

本記事では、私が実際に使用している生成AIを活用したYouTube広告の動画シナリオ作成方法について解説します。この方法を使えば、あなたも短時間で質の高い動画シナリオを作成し、YouTube広告で成果を出すことができるでしょう。

次の章では、生成AIを使ったYouTube広告シナリオ作成で私が実際に上げた成果について、具体的な数字を交えてお伝えします。

生成AIを使ったYouTube広告シナリオ作成の実績

私は2020年頃からYouTube広告に取り組んでおり、動画を使ったウェブ広告を活用することで大きな成果を上げることができました。

具体的な数字を挙げると、これまでYouTube広告を使って累計1万人以上の見込み客を集客することに成功しました。これは、私の会社の広告アカウントデータを集計した結果です。(文字が小さいので拡大してご覧ください。)

また、1コンバージョンあたりの広告コストを1,000円以下に抑えることができました。通常、WEB広告では見込み顧客を獲得するための1コンバージョンあたり数千円かかることもありますが、生成AIを使って最適な動画シナリオを作成することで、コストを大幅に削減することができたのです。

このように、生成AIを活用したYouTube広告シナリオ作成は、集客力の向上とコスト削減の両方を実現できる非常に効果的な方法だと言えます。

しかし、YouTube広告で成果を出すためには、動画シナリオ作成だけでなく、動画広告の審査に通過させる必要があります。YouTube広告の審査は非常に厳しく、多くの広告主が審査に苦戦しています。

次の章では、YouTube広告の動画を作るために必要な2つのステップについて解説します。特に、動画シナリオ作成と動画審査への対策について詳しく説明しますので、ぜひ参考にしてください。

YouTube広告の動画を作るために必要な2つのステップ

YouTube広告で成果を出すためには、以下の2つのステップを踏む必要があります。

ステップ1:YouTube広告の動画シナリオを作成する

ステップ2:YouTube動画の審査に通過させる

まず、ステップ1のYouTube広告の動画シナリオ作成では、視聴者の興味を引き、広告の目的を達成するためのストーリーを考える必要があります。動画シナリオは、広告の根幹となる部分であり、十分な時間をかけて作成する必要があります。

次に、ステップ2のYouTube動画の審査への対策が重要です。YouTube広告の審査は非常に厳しく、少しでも問題があれば審査に通過できません。動画シナリオを作成する際は、YouTubeの広告ポリシーを理解し、違反しないように注意する必要があります。

ここで問題になるのが、従来のYouTube広告動画作成の課題です。

  1. 動画シナリオ作成に時間がかかる
  2. YouTube広告の審査に通過できない

動画シナリオ作成には多くの時間と労力が必要となります。また、審査に通過できなければ、せっかく作成した動画シナリオが無駄になってしまいます。

これらの課題を解決するために、生成AIを活用したYouTube広告シナリオ作成方法が効果的です。生成AIを使えば、短時間で質の高い動画シナリオを作成できるだけでなく、YouTube広告の審査にも通過しやすくなります。

次の章では、実際に生成AIを使ってYouTube広告シナリオを作成する方法について、具体的な手順を説明します。

生成AIを使ってYouTube広告シナリオを最速で作成する方法

生成AIを使ってYouTube広告シナリオを作成する際には、以下の6つの情報を生成AIに伝える必要があります。

  1. 背景情報を生成AIに伝える
  2. 生成AIの役割を明確にする
  3. 具体的な依頼内容を生成AIに指示する
  4. 資料1:コンテンツ
  5. 資料2:フレームワーク
  6. 資料3:スワイプファイル

まず、背景情報を生成AIに伝えることが重要です。生成AIに自社のビジネスモデルや商品・サービスの特徴、ターゲット顧客などの情報を詳しく伝えることで、より適切な動画シナリオを作成してもらうことができます。

次に、生成AIの役割を明確にする必要があります。生成AIにYouTube広告シナリオのライターとしての役割を与え、求めるライティングのスタイルやトーンを指定します。

そして、具体的な依頼内容を生成AIに指示します。動画シナリオの目的や、盛り込むべき要素、文字数の目安などを明確に伝えることが大切です。

これらの情報を生成AIに的確に伝えることで、YouTube広告の審査に通過しやすく、高い広告効果が期待できる動画シナリオを作成してもらうことができるのです。

次の章では、実際に生成AIとやり取りをしながらYouTube広告シナリオを作成するデモンストレーションをご紹介します。

生成AIにYouTube広告シナリオを書いてもらうデモンストレーション

それでは、実際に生成AIを使ってYouTube広告シナリオを作成する過程の一部をご覧ください。

まず、プロンプトの設定を行います。プロンプトとは、生成AIに与える指示や情報のことです。先述した4つの情報(背景情報、役割、依頼内容、3つの資料)をプロンプトに含めます。

生成AIは、ChatGPTでもClaudeでもGeminiでもあなたが好きな生成AIを使えばOKですが、私は最近(2024年5月時点)ではClaude3 Opusの回答精度が気に入って使っています。

次に、生成AIとのやりとりを開始します。プロンプトを生成AIに与え、生成された動画シナリオを確認します。もし満足できる内容でない場合は、追加の指示を与えて修正を依頼します。このやりとりを数回繰り返し、最適な動画シナリオを作成します。

以下は、実際の生成AIとのやりとりの一部です。

(プロンプトの一部)

ではまず、ビフォーアフターブリッジでVSLシークレッツの電子書籍を宣伝する広告台本を書いてみてください。私ヒルトルがカメラに向かって話しかけているていで執筆してください。シーンの説明やナレーションなどは不要です。スワイプファイルの内容を参考にして書いてみてください。イントロは、「〇〇な方は、この動画をぜひ最後までご覧ください」というフックにしてください。また、「できる」と言い切ってしまうと、Google広告の審査で「信頼できない文言」と認識されて審査に落ちてしまう可能性がありますので、しやすい、目指せる、役立つ可能性がある、お役立ていただている、などの言葉を使って、台本の文章を書くようにしてください。

このようなやりとりを繰り返し、複数のシナリオバリエーションを生成します。生成AIを使えば、短時間で多くのアイデアを出すことができます。

生成されたシナリオの中から最適なものを選び、微調整を加えれば、YouTube広告用の動画シナリオが完成です。

次の章では、実際に生成AIが作成した動画シナリオを使ってYouTube広告を配信した結果をご紹介します。

生成AIが作成したYouTube広告シナリオを使った広告の成果

生成AIが作成したYouTube広告シナリオを使って、実際に動画広告を作成し、配信した結果をご紹介します。

まず、生成AIが作成したシナリオをもとに、動画制作チームが広告動画を制作しました。動画には、シナリオで訴求したいメリットを分かりやすく伝えるため、テキストや音声、視覚効果を適切に使用しています。

以下は、生成AIが作成したシナリオをもとに作成した広告動画の一例です。

これらの動画広告を実際にYouTube上で配信したところ、非常に高い広告効果が得られました。

2024年になってから流し始めた広告ですが、この最近でも800名以上の見込み顧客を獲得単価800円台で集客することができています。

しかも、Googleの審査に落ちることもなく、広告を配信することができています。(100%審査に落ちないわけではないですが、大部分の広告は審査に通っています。)

これらの結果は、生成AIが作成した動画シナリオの質の高さを示すとともに、YouTube広告の有効性を明確に示すものと言えるでしょう。

次の章では、生成AIを活用したYouTube広告シナリオ作成のメリットをまとめ、効率的なYouTube広告運用について考察します。

まとめ

本記事では、生成AIを活用したYouTube広告シナリオの作成方法とその効果について解説しました。

生成AIを使ってYouTube広告シナリオを作成するメリットは以下の3点です。

  1. 時間と労力の大幅な削減
    • 生成AIを使えば、短時間で多くの動画シナリオのアイデアを出すことができます。
    • 手作業でシナリオを考える時間を大幅に削減できるため、他の重要なタスクに集中できます。
  2. YouTube広告の審査通過率の向上
    • 生成AIは大量のデータから学習しているため、YouTube広告の審査基準に沿ったシナリオを作成しやすくなります。
    • 審査通過率が上がることで、広告配信の機会損失を防ぐことができます。
  3. 広告効果の改善
    • 生成AIが作成したシナリオは、視聴者の興味を引き、行動を促すように最適化されています。
    • より効果的な広告シナリオを使うことで、広告のクリック率やコンバージョン率を改善できます。

実際に、生成AIが作成したシナリオを使ったYouTube広告では、高いクリック率とコンバージョン率、そして優れたROASを達成することができました。

これらの結果は、生成AIを活用することで、YouTube広告運用の効率化と最適化が可能であることを示しています。

効率的なYouTube広告運用のために、ぜひ生成AIの活用を検討してみてください。

生成AIは、今後さらに進化していくことが予想されます。YouTube広告だけでなく、他のデジタルマーケティングの分野でも、生成AIの活用が広がっていくでしょう。

マーケターの皆さんは、生成AIの可能性を理解し、うまく活用することで、競争優位性を築いていくことが重要です。

本記事が、生成AIを活用したYouTube広告運用の一助となれば幸いです。

無料ウェブセミナーのご案内

最後に、YouTube広告と生成AIを活用した最新のウェブ集客方法を学べる無料ウェブセミナーのご案内です。

私は現在、期間限定で特別なウェブセミナーを無料で公開しています。このウェブセミナーでは、本記事で解説した内容をさらに深掘りし、生成AIを活用してYouTube広告の効果を最大化するための具体的なテクニックを惜しみなくシェアします。

ウェブセミナーの内容は以下の通りです。

  • あなたが動画広告を使ってネットからお客様を集めるべき理由
  • YouTube広告が他の広告媒体と比較して優れている3つのポイント
  • 生成AIを活用してYouTube広告の動画シナリオを最速で作成する方法
  • Google広告の審査に通りやすいYouTube動画広告を作るコツ
  • 生成AIの性能を最大限に引き出す6つのプロンプトテクニック
  • 見込み顧客1人あたり1000円以下で集客している動画広告事例

本ウェブセミナーは、YouTubeやGoogle広告、そして生成AIを活用して効果的なウェブマーケティングを実現したい方必見の内容となっています。

このブログ記事でお伝えした内容を動画で詳しくご覧になりたい方は、ぜひ参加してみてください。

ウェブセミナーの放送時間は30分程度ですので、お気軽にご覧いただけます。

無料で参加できるこの機会に、ぜひ最新のウェブ集客方法を学んでみてください。

ウェブセミナーへのご参加は、以下のリンクよりお申し込みください。

あなたのご参加を心よりお待ちしております。

関連記事はこちら

最新情報をチェックしよう!