リアルなビジネスが一番稼げます

「オンラインビジネス」「インターネットビジネス」という言葉を聞くと、「寝ている間も不労所得が得られる」というような「ファンタジー」を空想する人も多いですが、結局はオフラインのリアルなビジネスが、一番安定して稼げる、というお話をします。

そんなことを言うと、「え??ヒルトルさんはインターネットビジネスをやられているんじゃないんですか??方向転換ですか??飲食店でもやるんですか??」

と勘違いされそうですが、間違っても飲食店なんてやりません(笑)

では、なぜ「インターネットビジネス」をしているのに、「リアルビジネス」の話をするのかというと、「オフラインの場で提供する商品が一番利益率が高いから」です。

利益率が高いのは「オフライン」の商品

つまり、私はインターネット上で自分のEラーニング講座を販売したり、私のビジネスパートナーさんの動画教材をプロデュースして、収益を得ています。

(あとは、他人の商品を紹介するアフィリエイトも多少やっています。)

例えば、facebook広告で私のことを知ってくれた人が、私のメールマガジンに登録していただき、メールでいろんな無料のコンテンツを受け取ります。

その中で、興味がある人は、まず私のEラーニング教材を買ってくれます。

そうすると、ヒルトルに興味を持ってくれるので、私が開催するセミナーやワークショップに参加をしてくれる可能性が高まります。

そこに参加して、もっと私から少人数でのグループレッスンや個別レッスンを受けたいと感じたら、リアルに私と会える講座に参加することも可能です。

(いつも募集しているわけではありませんので、ご了承ください。)

当然、Eラーニング教材よりも、私とリアルで会える講座のほうが値段は高くなりますので、利益率も増えるわけです。

社会人向けの教育ビジネスが本業

もしかしたら、人によっては「インターネットビジネス」と聞くと、「FXとか株とか、最近だったら暗号通貨で稼ぐ方法を教えてくれるんですよね??」と思うかもしれませんが、私は違います。

私は、これからゼロから起業した人や、すでにビジネスをされている個人事業主、経営者の方に、「インターネットを使って集客をする方法」を教えるビジネスをしています。

結局のところ、「人にアドバイスをして、その対価としてお金を頂く」という、ある意味「社会人対象の教育ビジネス」なのです。

なので、インターネットでお客様を集客し、Eラーニング講座を売ることでレバレッジをかけながらも、最終的には私から直接アドバイスを受けられる「リアルビジネス」で大きな収益を得ている、と言っても過言ではありません。

どんな会社でも情報コンテンツを出すべき時代

そして、今の時代は、あなたがどんなビジネスをやっていようと、「インターネット上でコンテンツを公開しなければならない」時代です。

なぜ「しなければならない」かというと、きっとあなたのライバルも無料で情報を公開しているはずなので、インターネット上でコンテンツを出さない企業は、確実に不利になるからです。

私のように「ノウハウ」を販売している企業は、教えているノウハウを無料でYouTubeやfacebook、ブログなどで公開するのはもちろん、

有料の「情報コンテンツ商品」を販売しながら、リアルな講座ビジネス・コンサルビジネスに誘導して、さらに利益を得ることができます。

または、あなたが飲食店、美容院、整体院、印刷会社など、リアルなビジネスを経営されており、「形がある商品」を売っていたり、「何らかのサービス」を提供している場合は、「商品に関する情報を無料でインターネット上に公開し、リアルな店舗への来店に誘導するべき」なのです。

媒体は、YouTube、facebook、ブログ、メルマガ、Instagram、LINEなど、いくらでもあります。

しかも、そのほとんどが無料で利用できます。

こんな素晴らしい時代に私たちは生きていられるって、恵まれていると思いませんか?

オフラインとオンラインをミックスさせろ!

少し話がそれましたが、「インターネットビジネス=情報商材屋の怪しい胡散臭いビジネス」と思われがちですが、

今は、「どんなビジネスでも、インターネット経由で集客して、リアルなビジネスに誘導するのが必須の時代」ということを覚えておいてください。

「自分はインターネットビジネスだから・・」「うちはリアルビジネスだから・・」と分けて考えるのではなく、両方の良いとこ取りをして、ずっと継続できるビジネスをやっていきましょうね!

ではまた!!