プロダクトローンチは怪しくない

「プロダクトローンチ」と聞くと「あやしい!」と思う人がいるのではないでしょうか?「プロダクトローンチ 詐欺」みたいな検索キーワードを見て、そう思ってしまったとしてもしかたありません。しかし、実はプロダクトローンチは怪しくありません。

プロダクトローンチとは、心理学と集客システムを会わせた画期的なマーケティング手法です。その仕組みを知れば、1日で1億円を稼いだという話も胡散臭くないことが分かるでしょう。

まず、プロダクトローンチという言葉に注目しましょう。それぞれの英語を日本語にすると次のような意味になります。

「プロダクト」=「商品」

「ローンチ」=「販売」

つまりプロダクトローンチとは商品の販売開始をすることなのです。

この時に重要なのがいきなり売り込みをしないということです。プロダクトローンチが従来のマーケティング手法と大きく違うのは、時間をかけて見込み客との関係を作る点です。そのために、セールスレターを複数回に分けて公開していきます。

インターネットにおける売り込みの多くはセールスレターを用います。セールスレターとは、インターネットで集約する時に最適と言われていたウェブサイトの形式のことで、商品に関する説明や商品開発に至る経緯などが情熱的な文体で書いてあります。セールスレターのウェブサイトは長いページのものが多く、A4紙にしたら30ページ以上にも及ぶ縦に長いページも存在します。

プロダクトローンチでは時間をかけて見込み客との関係を構築するので、従来の縦長セールスレターページで紹介していたものを、3つや4つに分割し、ひとつずつ時間をかけて公開していきます。一度に全てを見せて「さあ、買ってください!」というのではなく、時間をかけて見込み客との関係を構築していくのです。

実はこの手法は、人が何かを買いたいとう欲求である購買欲求を心理学的に揺さぶる方法をとっています。

「これがほしい!」と思えるような商品に関する情報を少しずつ公開していくことによって、情報の受け取り手の商品に対する期待を高めていくのです。期待を徐々に高めて、ピークに達する瞬間に販売を行うために爆発的に売ることが可能となります。

このプロダクトローンチを生み出したジェフ・ウォーカーの5日間のセミナーの内容をフェニックスセミナーレポートとしてまとめました。

ぜひご覧になって最先端のマーケティングメソッドを学んでください!

フェニックスセミナーレポートを無料で手に入れる!