最も稼げるのは「言葉」のスキル

今の時代は、「オフライン」だけではなく、「オンライン」で集客することが、一番レバレッジがかかる集客方法なのですが、そこで何が一番大事なスキルか?といえば、「言葉のスキル」です。

1つの残酷な真実

私もこれまでにいろんな生徒さんを教えてきました。

その中で、結果を出してきた人もたくさんいますし、出せなかった人もいます。

では、その両者の違いは何だと思いますか?

それは、「文章をかけるかどうか?」です。

文章を書ける人は、行動をすることができるので、どんどん成長しますし、文章を書くことで、アウトプットする癖もつくので、「しゃべり」もうまくなります。

なので、自分でiPhoneで動画を撮って、情報発信をしたり、セミナーを開催したりもできるので、どんどん結果が出ます。

そして、反対に、「文章が書けない」という人は、何も行動をすることができないのと同然なので、何も行動できず、結果を出せずに終わってしまうのです。

動画も音声も「言葉」が全て

「言葉」というと、「文章」のことだと考えがちです。

だからこそ、「どーせ今は、人は文章なんて読まないしなー」

「今は動画でしょ??文章のスキルなんていらないよ!」と思う人もいるかもしれません。

しかし、人の感情を動かし、行動させるのは「言葉」です。

「言葉」というものは、使い方次第で、人を喜ばせたり、悲しませたり、怒らせたり、決断と行動をさせたりできます。

そして、「文章」であろうが、「音声」であろうが、「動画」であろうが、

「言葉」がないと、成り立ちません。

音声でも、動画でも、「どんな言葉を使って、どんなメッセージを使えるか?」で、聞き手の行動は変わります。

なので、言ってしまえば、「言葉のスキル」を磨くことが、最も収入を上げることに直結しますし、今流行りの「暗号通貨」よりも、「はるかに稼げる投資案件」なのです。

ですので、私も「動画マーケティング」を勧めているわけですが、結局のところ、「言葉」のスキルがあれば、「動画」による情報発信も簡単にできてしまうのです。

言葉のスキルを磨くには??

私も、自分が稼げなかった頃に、メンターから習った中で、一番重宝したのは、「文章を書く」というスキルです。

メンターの指示で、毎日、アメブロを更新していた時期もあります。

(僕の名前で検索すると、昔書いていた、私のアメブロが出てくるはずですw、恥ずかしいので見ないでいいですよw)

毎日、いろんな先生の教材を学び、それを「学んで終わり」ではなく、すぐに言葉でアウトプットをしたことで、今、こうやって稼げるようになった「土台のスキル」が習得できたと言っても、過言ではありません。

ですので、オンラインでビジネスをしたい初心者の生徒さんに出す課題は、「とにかく毎日文章を書け!」ということです。

まずは、Facebookでも、アメブロでもいいです、媒体は何でもいいです。

ちょっとしたことでも、「1日1回、自分の言葉をアウトプットする」ということが、一番投資となる時間の使い方だと、私は思います。

「毎日書く」のがコピーライターの仕事

「コピーライター」というと、お金をもらって、「クライアントの商品を売るための文章を書く人」のことを指すと思うかもしれません。

私も、コッソリ、他人のコピーを書いたりすることもありますが、基本的には、自分の文章しか、書きません。

しかし、「人を行動させるための言葉を操るスキル」である「コピーライティング」を身につけたことで、私の収入は大きく上がりました。

そして、とある先生が言っていた、「コピーライターの仕事は、毎日文章を書くことだ」という言葉が印象に残っています。

イチローが毎日バットを素振りするのと一緒で、起業家にとっての素振りは、「文章を書くこと」であり、「言葉の力を磨くこと」なのです。

ですので、あなたが他人のために文章を書こうが、自分の商品を売るために自分で文章を書こうが、「毎日、文章を書く」ということが、一番大事です。

ぜひあなたも、この投稿を見たら、場所はどこでもいいので、「毎日、アウトプットする習慣」を身につけてください。

それができる人だけが、最終的にビジネスで生き残れる人ですよ。

コピーライティングについては、今、新しいコンテンツをつくっているのですが、それを公開できるまでの間、ぜひ私の「フェニックスレポート」の「パート3」をご覧いただくと、コピーライティングについての重要なコンテンツが学べますので、

ぜひ無料でダウンロードしてくださいね!

ではまた!!