キャンペーンURLビルダーの使い方

あなたは、オンライン上で自分のランディングページやセールスページを広告に出したり、告知をする際に、「どの媒体から成約をしたか?」というデータを計測できるようにしていますか?それをやらないと、せっかくオンライン上でマーケティングをしても、結果を分析できなくなってしまいます。今日は、そのための便利なツールの使い方をお伝えします。

URLにパラメータをつけよう!

例えば、以下のページが、私がマーケティングに使っているランディングページの1つです。

フェニックスセミナーレポート

これを、Facebook、YouTube、Twitter、このブログなどに貼り、メールアドレスを登録してもらうことで、いろんなメールをお送りし、興味がある人だけに、密度の濃いコミュニケーションができるわけです。

ただ、このまま告知をしてしまうと、いざ登録があったときに、Facebook経由のアクセスなのかか、YouTube経由のアクセスか、ブログ経由のアクセスか、計測をすることができませんよね?

 

なので、「パラメータ」と呼ばれる文字列をURLの後ろに付与することで、ランディングページに登録(オプトイン)があった際に、どの媒体からの成約なのかを把握できるのです。

例えば、私の場合は、私のYouTubeチャンネルの動画の詳細欄にランディングページのリンクを貼り、全てにパラメータをつけているので、

「あの動画を見た人が、メールを登録してくれるんだー、じゃあそのテーマの動画をもっとアップしよう!」

というマーケティング戦略を考えられるわけです。

そのための一番簡単な方法は、

URLの末尾に?をつけ、その後ろに好きな文字列を入れる方法です。

例えば、http://kenntnis.cc/optin?blog20180518 という感じです。

そうすると、メール登録があった際に、?blog20180518というパラメータが見れるので、「ああ、5月18日のブログ経由で登録があったんだな!」というデータが取れるわけです。

これをやっておかないと、「どの媒体が効果があったのか?」が分からないので、適切なマーケィング戦略を考えられず、非常にもったいないです。

キャンペーンURLビルダーを使おう!

で、今日の本題なのですが、Googleが提供している、Campaign URL Builder(キャンペーンURLビルダー)という無料のツールを使うことで、より高機能なパラメータを簡単に生成することができます。

キャンペーンURLビルダーのリンク

というのも、私も最初は自己流でパラメータをつけていたのですが、それだと、メールアドレスを管理する顧客管理ソフトによっては、パラメータが取得されなかったりするからです。

そんなときにこのツールと出会ったのですが、このツールを使うことで、私が使っている顧客管理ソフトでも、パラメータを取得することができるようになりました。

実際の使い方

私もエンジニアではないので、専門的な知識はないのですが、ここでは私が使っている を紹介します。

(もっと正しい使い方があるかもしれませんが、あくまで私のやり方ですので、ご了承ください。)

Website URLには、自分のランディングページなど、告知するページのURLを入力します。

Campaign Source には、媒体の名前を入れます。

ブログであればblog、YouTube動画の詳細欄に貼るのであればYouTube、とか記載します。

Campaign Medium には、媒体内のより詳しい情報を入れます。例えば、このブログの記事に貼るのであれば、article20180518 という感じで「○月○日の記事」と意味にしますし、ブログ内のバナーにはるのであれば、banner という感じで記入すれば良いでしょう。

Campaign Name 以降は、私は記入していません。

そもそも必須なのは、URLとCampaign Sourceだけなので、Sourceにblogarticle20180518と、まとめて記入してもよいかもしれません。

URLを短くする方法

そうやって情報を記入していくと、

https://kenntnis.cc/optin?utm_source=blog&utm_medium=article20180518

というようにパラメータが付与されたURLが生成されるわけです。

ただ、このまま使うと、URLが長くなりがちなので、普通の人の目には、怪しく見えますよね?(笑)

なので、ページ下部にある、Convert URL to Short Link というボタンを押すと、

https://goo.gl/kJdX23

という感じで短縮リンクが吐き出されるので、FacebookやYouTube、TwitterなどのSNSに貼るときは、短縮リンクを貼るようにしましょう。

そうすると、私が使っている顧客管理システムの場合は、こんな感じでメールが届くので、どの媒体からの登録なのかがわかるわけです。

もちろん、わざわざキャンペーンURLビルダーを使わなくても良いケースもありますが、せっかく便利なツールがあるので、使わないのは勿体無いですよ!

データを計測して、マーケティングを適切に行いましょう!

インターネットの良いところは、「全てが計測できる」ということです。

せっかく計測ができるのに、それをせずになんとなく行動をして、「うまくいかないなー」と悩んでいてはいけません。

集客からセールスの導線の中で、

何人が広告を見たか?

そのうち何人が広告をクリックしたか?

そのうち何人がメールアドレスを登録したか?

そのうち何人がメールを開封したか?

そのうち何人がリンクをクリックしたか?

そのうち何人が商品を買ったのか?

というデータを全て把握しておけば、どこに問題があるのかを把握し、改善をすることができます。

「全てはテストである」

というジェイ・エイブラハムの言葉にもあるように、全てはテストだと思い、データを可能な限り集めることが、WEBマーケティングで結果を出すための第一歩ですよ!

ぜひ実践してみてくださいね!

たまに、こんな感じで、ツールの使い方を紹介していこうと思います!

ではまた!:)