ゼロから最速でオンライン講座をつくる方法

「私もネット上でオンライン講座を売りたい!!!」と思う方は非常に多いのですが、なかなかそれを実現できる人は少ないです。

しかし、そんな方のために「誰でも確実にオンライン講座を短期間で作ってしまう方法」についてご紹介します。

オンライン講座なんてつくれない??

私ヒルトルは、今でこそ簡単にオンライン講座を量産できるようになりました。

・自宅にあるホワイトボードの前にカメラを置いて録画ボタンを押せば、いくらでもアドリブで話すことができますし、

・パソコンの画面上でツールや広告の使い方を解説する動画も簡単に収録したり、スライドを前にウェブセミナーを行うこともできます。

・SNSでライブ配信をしたり、動画をアドリブで撮影して、軽く編集するだけでYouTubeにも定期的に動画をアップできるようになりました。

オンライン上に無数の動画をアップできるようになりました(画像はYouTubeチャンネル)

オンライン上に無数の動画をアップできるようになりました(画像はYouTubeチャンネル)

実際、これまでに20本を超えるほどのオンライン講座を作成してきましたので、講師1人でそこまでコンテンツを量産できる人間は私以外にはほとんどいないと思います。

↓ ↓ ↓
ヒルトルのオンライン講座一覧サイトはこちら

「えー?じゃあ私にはオンライン講座なんてつくれないのですか?」と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、安心してください。

私もかつては、カメラを前に一人で話すことなんて、全くできませんでした。

・1人でパソコンの前に座って、動画を取り始めるも、途中で何を話しているのか自分で分からなくなり、録画ボタンを止めてしまったり。。。

・中古のビデオをカメラを買って、なんとか台本を書いて、動画を撮り始めたのはよいものの、全くうまく話せずにお蔵入りになったり。。。

という感じで、独立したばかりの2012-2013年頃は、隙間風が入ってくる寒いオンボロのシェアハウスで、1人で挫折に苦しみ、のたうちまわっていました。。(涙)

サラリーマンから独立したばかりの頃は、「ネット上でビデオ講座を販売してウハウハや!」と夢を見たものですが、その夢はすぐに打ち砕かれてしまいました。。

ボロいシェアハウスで試行錯誤していた頃に撮った動画の一コマ

ボロいシェアハウスで試行錯誤していた頃に撮った動画の一コマ

そして、自分でオンライン講座を作成し、販売するためには数年の月日を要することになるのです。。

とあるノウハウとの出会い

そうやって、コンテンツ販売に挫折した私ですが、当然、食べていかないといけませんので、フリーランスとして他の会社のお手伝いをして、収入を得ていました。

動画の撮影や編集を行ったり、海外の動画コンテンツの翻訳と字幕入れを行ったり、様々なことをしていましたが、時間を見つけては、メルマガを書いたり、参加人数は少ないながらもセミナーを開催するなどして、様々な経験を積んでいました。

今振り返ると、当時は大変でしたが、そうやって下積みをしてスキルを磨いていきました。

その中で、海外のマーケッターの動画コンテンツを翻訳する仕事を行う中で、「これなら初心者でもコンテンツがつくれるのでは?」というノウハウに出会うことができました。

それが、ジェフ・ウォーカーというアメリカ人の有名オンラインマーケッターの人から学んだ「プロダクトローンチ」というマーケティングノウハウでした。

ジェフ・ウォーカーがアメリカで開催しているセミナーにも何度も参加しました。

ジェフ・ウォーカーがアメリカで開催しているセミナーにも何度も参加しました。

私は彼の数十時間ほどあるビデオ講座を日本語に訳す仕事も行い、その翻訳作業によっても、彼のメソッドを深く学ぶことができたのです。

ジェフのメソッドを日本でも実践することで、セミナー集客に困っていたとあるクライアントの企画をプロデュースさせて頂き、成果を上げることができるようになりました。

そうやって様々な仕事を行い、実践することでセミナー講師として語れるような実績やノウハウを確立していったのです。

なので、ジェフには今でも感謝しています。

初心者向けのノウハウ「シードローンチ」とは?

ジェフが教えている「プロダクトローンチ」とは、その名の通り、「商品(プロダクト)を綿密に準備をして発売(ローンチ)すること」です。

なので、世の中にもっと広めたい商品がある経営者にとっては、役に立つ素晴らしいノウハウです。

しかし、そもそも売る商品がなければ、何も意味はありません。

そこで、ジェフ自身が新しい事業を立ち上げた時に使ったやり方をベースにメソッド化したのが、「シードローンチ」という方法です。

「シード=種」という意味ですので、「まず種まきをして、テストをしながら徐々にお客様を集め、ローンチする商品の原型を作っていこう」という意図がその名前に込められています。

アイデアの種を植えて成長させていくのが「シードローンチ」

アイデアの種を植えて成長させていくのが「シードローンチ」

私も実際にこの方法で最初はオンライン講座を作り、経験を重ねていったからこそ、今のように簡単にオンライン講座を量産することができるようになりました。

なので、もしあなたが「オンライン講座を作りたいけどなかなか作れない」ということで悩んでいるのであれば、ぜひこの考え方を真似ることで、確実にオンライン講座を作って販売できるような状態を実現してください。

商品を作る前に商品を売りなさい

このシードローンチの特徴は「覚悟を決めれば強制的にオンライン講座が出来上がってしまう」ということです。

「誰でも簡単にできる」という言葉は使いたくはありませんが、「覚悟を決めて、行動すれば確実にオンライン講座ができる方法」であると私は確信しています。

この方法を実践するにあたって大事なのは、「商品を作る前に商品を売る」というマインドです。

世の中のほとんどの人は、「時間をかけて、素晴らしい商品が完成したら、商品を売る」という考え方でビジネスを行っているはずです。

別にそれはそれで構わないのですが、あなたが個人や少人数でビジネスを立ち上げたり、新しい商品をリリースしようとしているのであれば、その考え方ではいつまで経っても商品を販売することができない可能性が高いです。

そんな方にお伝えしたいのは、「商品を作る前に、商品を売りなさい」ということです。

「先に受注を取り、注文が来たらはじめてその商品を作る」という考え方です。

私はサラリーマンの頃、マーケティングに関するセミナーや教材を販売を行う会社に勤めていたのですが、そこでこんなことを口を酸っぱくして上司に教育されました。

それは「セミナーの集客を行う前にセミナー会場を予約するな」ということです。

「は?」と思うかもしれませんが、普通は「セミナーの会場を押さえてから、告知を行い、集客を行う」というのは当たり前の考え方ですよね?

でも、そのやり方だと、せっかく会場を押さえても、もし人が集まらずにセミナーを開催できなかったら、どうでしょう?

キャンセルの時期にもよると思いますが、会場のキャンセル代は確実にかかりますよね?

大企業なら良いかもしれませんが、私たちのように自分のお金を使ってビジネスを回している中小企業や個人事業主であれば、その損失は大きな痛手になりがちです。

私が勤めていた会社は、「会社にぶら下がる社畜サラリーマン」を生み出すのではなく、「ちゃんと会社に利益をもたらすことができる経営者意識のある人間」を教育するという方針があったようなので、そこで受けた教育が今の私の考え方にも役立っています。

「会場を予約したり、セミナーのスライドを作ってから、初めて募集をする」のではなく、

「とりあえずセールスページを作り、参加費を振り込んでもらったら、そのお金を使って会場を予約する」

「それから初めてセミナーのスライドを作り、当日の準備する」

という考え方が非常に大事です。

なので私も昔、リアルなセミナーを頻繁に行っていた頃は、直前まで集客を行い、前日の夜から当日の朝になってから講義のスライドを作り、ほぼ徹夜でセミナーを行う、ということをよく行なっていました(笑)

こんな形でよくリアルなセミナーを開催していた時期がありました。

こんな形でよくリアルなセミナーを開催していた時期がありました。

多くの人はこのような考え方をなかなか理解できないのですが、特にセミナーなどのイベントを開催する場合は、先にお金をいただくことができるので、キャッシュフロー的に有利な状況でビジネスを行うことが可能です。

また、デジタルコンテンツを提供する場合であれば、短期間で商品を作ることも可能ですので、「先行予約」という形で先に受注を取り、それからコンテンツを決められた期日にまでに実際につくる、という販売方法もありなのです。

実際に自分1人でダラダラとオンライン講座の準備をするよりも、お客様を巻き込み、先にお金を頂いてしまえば、「他人との約束」という強制力が働くので、他人からの信頼を失わないために行動を行えるように自分にプレッシャーをかけるほうが、確実にビジネスは前に進みますよ。

このやり方は、ストレスフルかもしれませんが、人はある程度ストレスやプレッシャーがある状態でないと成長しないので、適度な圧力は自分自身にかけたほうがいいです。

セミナーやウェブセミナーを録画すればコンテンツができてしまう!

で、なぜ急にセミナーの話をしたのか?と思うかもしれませんが、「セミナーの録画を販売する」というのが最速でコンテンツを売る方法なのです。

私がこれまでに学んできた海外のトップマーケッターも、昔はよくホテルなどで2−3日間缶詰になってセミナーを行うようなイベントを開催していました。

その参加費用や集客人数にもよりますが、リアルなイベントはどうしてもコストがかかるので、そのイベントだけでは大した利益は出なかったそうです。

でも、「リアルなイベントは利益が出なくてもいいんだ。そのセミナーの様子をプロに録画しておいてもらって、その録画をDVDにしたり、ネット上のオンライン講座と言う形で販売することでめちゃくちゃ儲かるようになるんだよ」という話をしていたのが印象的で、今でもよく覚えています。

1人でパソコンやカメラの前で話すだけだと、無限にやり直しができてしまうので、なかなか商品が完成しません。

しかし、目の前にお客様がいれば、「あ、ここのパート、うまく喋れなかったので、もう一回やり直していいですか?」なんてことは言えませんよね。

多少うまく話せなかったり、失敗しても、とりあえず目の前にいるお客様を満足させるために、全力で講義を行うはずです。

「完璧主義」という言葉は、聞こえはいいですが、多く場合は、なかなかプロジェクトが前に進まない「先延ばし主義」に陥ってしまう可能性が非常に高いです。

何事も「100%完璧」という状態は絶対に存在しないので、ある程度のところで目処をつけて、反省点は次の商品に生かすことを決めて、先に進むしかありません。

だからこそ、あなたも確実に決められた目標の期日前にコンテンツを作りたければ、「自分1人で作ろうとするのではなく、お客様を集めて、彼らを前にして講義を行い、それを録画する」ということを行なってくださいね。

私も最初はセミナーを行い、その録画を販売することで、オンライン講座を作ってきました。

今はウェブセミナーという形式が世の中に浸透し、簡単に録画もできるので、あなたが覚悟さえ決めれば、確実にオンライン講座を作って販売することができるようになりますよ。

この内容をさらに詳しく学びたい方は、ぜひ以下のYouTube動画でも解説していますので、ぜひご覧ください!

ジェフから学んだプロダクトローンチについて学びたい方は以下の電子書籍をご覧ください!

もしあなたが、今回お伝えした「プロダクトローンチ」「シードローンチ」というマーケティング方法について興味が出てきたのであれば、ぜひこの機会に私の電子書籍を無料でダウンロードしてください。

これは2016年に私が参加した海外のマーケティングセミナーで学んだ内容を詳細にレポート化したものです。

実際、このセミナーに参加するために私は150万円ものお金を自腹で支払って参加しましたので、めちゃくちゃ貴重なマーケティングやコピーライティングノウハウがふんだんに書かれています。

最近、表紙を含めてリニューアルしたのですが、この2020年以降の時代でも役に立つ普遍的なマインドセットやマーケティングの本質について書かれていますので、オンライン上でビジネスを立ち上げたい、もっと拡大したい!という方は絶対に読んでおいてくださいね。

海外マーケティングセミナーレポート「フェニックスレポート」を無料でダウンロードする!

自分で言うのも何ですが、数年前の僕が当時、海外のマーケティングセミナーに参加して感動した内容が記されている情熱に満ちた内容だと自信を持って言えますので、ぜひ読んでみてください!

昔読まれた方も、内容を少しリニューアルして読みやすくしてありますので、再度じっくりお読み頂き、あなたのビジネスにお役立ていただければ嬉しいです!

それでは次回の投稿もお楽しみに!