最速で権威性をつける方法とは?

あなたは、自分自身や自分のビジネスに権威性をつけたくはありませんか?つまり、「あ、この人すげー」「この会社すごいなー」と思ってもらえたら、売り上げにも大きな影響をもたらすことが可能です。その権威性を最速でつける方法を公開します。

そもそも権威性とは?

権威性(authority)とは、人が行動を判断する際のメンタルトリガーの1つです。

人は、他人に対して、「権威」を感じるか感じないかで、取る行動が大きく変わります。

例えば、人の話を聞く際も、「あ、この人、すごい人だな!」と思えば、前のめりに話を聞くでしょうが、「別に大したことないなー、こいつ」と思われてしまえば、早く時間が過ぎることを願うか、席を立ってしまう人もいるでしょう。

つまり、人は、「肩書き」「資格」「実績」などで他人を判断します。

人は法律上の問題があれば、弁護士に相談するでしょうし、健康の問題があれば、医者に相談するでしょうし、特定の肩書や権威を持っている人に集まるのです。

ですので、あなたがビジネスで結果を出すためにも、「この人(会社)に相談しよう!」と思ってもらえるような権威性が必要になります。

どうすれば権威性をつくれるのか?

これは、とある有名な海外のマーケッターが言っていた言葉です。

彼曰く、「最速で権威性をつける方法」とは、

他人がやらないことをやる

だそうです。

彼の場合は、毎日、Facebook、Instagram、YouTubeに動画をアップする、ということを行なっています。

それによって、とてつもない数のフォロワーを生む結果となっています。

いくら動画をつくるハードルが下がったとはいえ、「動画をつくってコンスタントにアップする」ということは、多くの人ができることではありません。

だからこそ、やった人は、他人と大きく差別化することができるのです。

他人がやらないであろうことをやっているか??

これは別に、「動画をつくりましょう!」と言いたいだけの話ではありません。

新しいお客様を集めることを、「マーケティング」と呼ぶわけですが、そのマーケティング活動において、他社が行なっていないようなことをすれば、ライバルより抜きんでるのは簡単なわけです。

それこそ、「ブログを長期間、定期的に更新し続ける」というだけでも、なかなかできることではありませんので、「あ、このブログ、ずっと定期的に更新されてるなー」と思ってもらえれば、権威性は上がります。

ソーシャルメディアでいえば、

・YouTubeにコンスタントに動画をアップし続ける

・Podcastでラジオ番組を毎週配信する

・Facebookに動画などの投稿をアップし続ける

・Instagramに定期的に写真や動画をアップする

ということを、どれか1つでも行えば、他社とは差別化することができます。

実際、上記をしっかり継続して行えている会社は、確実に成果を出しています。

他にも考えてみれば、

・プレスリリースをして、メディアに取り上げてもらう

・ライバルが使っていない広告媒体に広告を出す

・書籍を出版する

などなど、いくらでもアイデアは出てきますよね。

私もコンスタントに動画やブログを配信しているからこそ、「権威性」を上げ、新しいお客様を集めることができています。

あなたも、「他人がやっていないことをやる」と決めれば、確実に結果は出ます。

「きつい」と思ったら、それが正しい道

もちろん、それらを実際にやろうとすると、「うわ、きついなー、やりたくないなー」という気持ちが出てくるでしょうが、そう思う作業だからこそ、他人がやらないのです。

「簡単にできる」ことであれば、ライバルも必ずやっていますから、差別化ができません。

自分にとって、「きつい」ことは、他人にとってもきついことである可能性が高いです。

なので、自分が「きつい、つらい」と思うことをやれば、必ず結果は出ます。

ちなみに、私も昔は動画を撮るのは嫌でしたし、苦手でしたが、ずっと続けていたら、いつのまにか苦手意識は消えました。

他人がやらないようなことを、苦手意識なく行えるようになれば、ライバルに簡単に勝てるようになりますので、ぜひあなたも、「他社がやらないこと」を率先して、1つずつでもチャレンジしてくださいね。

そうすれば、「権威性」がつき、あなたのビジネスは成功しますよ!

ではまた!:)