売りたければ売り込むな!

あなたの商品を販売するときに絶対に守らなければならない大切なことがあります。これを守らないと商品は売れません。

売りたければ売り込むな!

メールアドレスを入手せよ!

商品を販売する時にプロダクトローンチがマーケティング手法として絶大な効果を発揮することはこれまでにも触れてきました。

プロダクトローンチに関しては、以下の記事などを見てみてください。

プロダクトローンチは怪しくない

飛ぶように商品が売れるたった一つの秘密

 

プロダクトローンチを実践していく場合、まず、メールアドレスを入手することが大切です。

インターネットマーケティングやインターネットビジネスの世界では「リスト取り」と言われますが、メールアドレスのリストが非常に重要なのです。

 

まず与えよ!

従来のマーケティング手法では、いきなり商品の売り込みをしているようなものでした。

しかしプロダクトローンチではそんなことをしてはいけません。

手に入れたメールアドレスに対して売り込みをするのではなく、「価値提供」をしていくのです。

価値ある情報をメールアドレスの読者に届けることによって、関係が構築されていきます。

この自分とメールアドレスの相手の関係が重要なのです。

 

飛び込みセールスは失敗する

家で過ごしているときに「ピンポーン!」とチャイムが鳴って、玄関を開けてみたら営業マンが立っていた…。

マシンガンのように繰り出される営業トークを聞けば、その商品やメーカーの名前を聞くのも嫌になるでしょう。

インターネットを用いたビジネスでもこれは同じです。

飛び込みのセールスは嫌われます。

ページを開いていきなり売り込まれたら、そっとそのページを閉じることでしょう。

 

付き合いが大事

訪問販売や営業の電話などのセールスであっても、よく知る相手からの売り込みならどうでしょう?

長年の信頼関係があれば、

「この人が言うことなら間違いはないだろう」

「話くらいは聞いてもいいかな」

などと思うのではないでしょうか。

プロダクトローンチを用いた手法でも、メールアドレスにいきなり売り込みをするのではなく、関係を構築することで商品販売がスムーズに行くのです。

 

まず信頼関係を構築せよ

ビジネスでいきなり売り込みをするのは素人がすることです。

まずは売り込み要素を消して関係を構築しましょう。

そうすれば商品販売の段階でも今までは考えることができないくらい簡単に成約を得ることができます。

「売りたければ、売り込むな!」

このプロダクトローンチの大原則をしっかり覚えて、あなたのビジネスを成功させましょう。

 

「プロダクトローンチ」を生み出したジェフ・ウォーカーの貴重な5日間のセミナーの内容をフェニックスセミナーレポートとしてまとめました。

ぜひご覧になって最先端のマーケティングメソッドを学んでください!

フェニックスセミナーレポートを無料で手に入れる!