コピーライターは紙の上のセールスマン

あなたは、「コピーライターに必要なスキル」というのは、「うまい文章を書くことだ!」と思っていませんか?もしそうなら、今すぐその考えを改める必要があります。

物書きとコピーライターは違う職業である

多くの人は、「コピーライター」という言葉を聞いた時に、「電通のコピーライター」のような、「シャレオツでエスプリの効いた文章」みたいなものを思い浮かべるかもしれません。

もちろん、そういったコピーが求められる業界もあります。

特に、大企業の「イメージ広告」がそうです。

どうしても、「広告」「宣伝」というと、そういった大手の広告を思い浮かべるので、インターネット広告や中小企業の広告においても、大手と同じような広告を考えてしまい、失敗する人はたくさんいます。

コピーライターは「紙の上のセールスマン」である

これは、昔からよく言われる言葉なのですが、コピーライティングとは、「セールスマンのセールストークを紙の上に文章化したものである」と言われます。

セールスマンが、訪問営業をするのでは、時間もコストもかかりすぎるので、それを印刷物上に表現し、レバレッジをきかせることが、コピーライターの仕事なのです。

だからこそ、コピーライティングにおいて非常に大事なのは、書き言葉よりも、「話し言葉で書く」ということです。

実際にお客様と話している言葉を、紙の上に書くことができれば、インターネットやチラシで売れる文章ができますよ!

ぜひ以下のYouTube動画も参考にしてくださいね!

ではまた!!:)