ダイレクトマーケティングの3つのコア要素

「ダイレクトマーケティング」とは、全てのマーケティングの基本となる考え方です。

これからインターネットを使って、オンラインビジネスを始めたい人も、まずはこの基本をしっかり理解しておくことが不可欠です。

そこで大事な3つのコアな要素が、リスト、オファー、コピー、の3つとなります。

1. リスト

「リスト」とは、お客様の名簿、そして、連絡先のことです。

かつては、ダイレクトメールを出すための「住所」こそが、最も大事な連絡先だったわけですが、オンラインビジネスにおいては、「メールアドレス」こそが一番大事な個人情報です。

なぜなら、メールアドレスであれば、コストをかけずに何度でも見込み客にメールマガジンを届けることが可能だからです。

2. オファー

「オファー」とは、まだ商品を購入したことのない「見込み客」や、すでに購入経験のある「顧客」に対して、商品やサービスを「提案」することです。

その「商品そのもの」や、「これだけの商品が、なんとこんな価格で手に入るんです!!」という「提案」そのものも含めて、「オファー」と呼ばれています。

3. コピー

「コピー」とは、「コピーライティング」のことです。

つまり、セールスマンの言葉を文字化した文章のことです。

何か現状や日々の暮らしに不満を持っている見込み客に、「こんなことでお悩みではありませんか?」「こんな解決策がありますよ!」という形で、

世の中の見込み客の悩みに訴えかけるコミュニケーションの方法を、「コピーライティング」(略して「コピー」)と呼んでいます。

上記のうち、3つが全て揃えば完璧

上記のうち3つが全て揃えば、商品は確実に売れます。

つまり、「すでに悩みがある顧客の連絡先」がわかり、「彼らの悩みを解決する商品」があり、「彼らの悩みに訴えかける(紙の上の)セールスマン」がいれば、

「失敗するほうがおかしいような、確実に成功するビジネス」ができます。

最低でも2つは必要

しかし、もしリスト、オファー、コピーの3つが全て揃わなかったとしても、そのうち2つがそれなりの条件を満たした上で揃えば、商品が売れる可能性は高まります。

具体的に例を挙げると、、、

リストの数が少ない、お客様が商品を欲しがっていない

という場合でも、素晴らしい商品オファーがあり、お客様の欲求をくすぐる素晴らしいコピーがあれば、商品は売れるでしょう。

オファー(商品)がいまひとつ

商品の内容が今一つでも、問題を解決したいと悩んでいるお客様のリストがあり、素晴らしいコピーがあれば、商品は売れます。

コピーが弱い

コピーがダメだったとしても、「商品を買わせてくれ!」というお客様がたくさんいて、素晴らしい商品があれば、商品は売れます。

最初はとにかくテストしろ

という形で、どれか1つの要素が弱くても、それなりに商品は売れる、ということを知っておいてください。

ビジネスを立ち上げる時期においては、全てを完璧に揃えようとするより、とにかく動くことが大事なので、そもそも3つの要素のうち、1つしかなくても、とにかく商品を売ろうとチャレンジしてください。

その結果、売れなければ、反省点をもとに、「次はこうしてみよう」というアイデアや仮説が出てくるものです。

3つが揃えば最高!

そして、やがては、リスト、商品、コピー、という3つの要素をできるだけ高め、「大ヒットする商品」をつくることを目標に、日々行動してください。

プロのマーケッターでも、10個の企画のうち1つが当たればいいほう、と言われるぐらいですから、とにかく行動し、テストを重ね、長期的なプランで、成功を手に入れましょうね!

インターネット上で、ゼロからオンラインビジネスを立ち上げるために必須の「ニッチ」という概念について解説したレポートはこちらから無料で手に入れてください!