コピーライティングの3つのNOT

あなたは、ビジネスをする上で大切な、「3つのNOT(しない)」という言葉を聞いたことがありますか?これは昔からマーケティングを学んでいる人の間では、常識なのですが、最近は知らない人も多いので、ここで解説します。

ツールを使えば簡単に結果を出せるのか?

クライアントさんと面談をしていて、よく感じるのが、「楽観的だなー、この人。。」という楽観主義です。

これは褒めているのではありません(笑)

今の時代は、様々なマーケティングツールがあるので、非常に便利ですし、恵まれています。

(私がこの業界に入った頃は、日本ではFacebookもなく、メールマーケティングが全てでした。)

しかし、その反面、そのツールに頼ってしまい、「Facebookに情報をアップすれば、すぐ人気者になれるだろう」「YouTubeに動画をアップすれば、どんどん動画が再生されるだろう」と、楽観視しがちな人がいます。

そういう人には、「じゃあやってみなさい」と行動させるのですが、その結果、現実の厳しさに打ちひしがれるわけです。。

ビジネスとは、お客様がお金を払っていただいてこそ、成り立つものです。

そして、お金を払っていただくためには、お客様の感情を少しでも動かすことが必要不可欠なのですが、そこまで行くには、3つの壁を壊さないといけません。

そもそもコピーライティングとは?

ビジネスで結果を出すためには、「マーケティングが大事だよ」ということはいつもこのブログでもお伝えしていますね。

マーケティングとは、自社のメッセージを市場に伝え、適切な見込み客を集め、不適切な見込み客を排除することが目的です。

その際に、お客様の頭の中にある悩みと会話し、適切なコミュニケーションを行うための言葉の使い方のことを「コピーライティング」と呼びます。

「広告におけるキャッチコピー」

「動画の中のテロップや台本スクリプト」

「メールマガジンの件名や本文」

「クロージングの台本やセールスレター」

などなど、人とのコミュニケーションにおいて、「人を動かす言葉の選び方、使い方」は全てのコピーライティングのスキルによるものです。

さらに言えば、FacebookやTwitterの投稿文や、YouTubeのタイトル文章など、SNSにおける言葉の使い方も、コピーライティングのスキル次第で、得られる大きく結果が変わるといっても良いでしょう。

で、私もこれまで、自社や他社の案件も含め、数え切れないほどのコピーを書いてきましたし、コピーライティングのセミナーを開催して、クライアントを指導してきました。

その結果、コピーライティングのスキルを上達させるためには、今日のメインテーマである「3つのNOT」を理解しているかどうか?が全てといっても過言でありません。

逆に、「こういう言葉を使えば反応率が良い」といった具体的な事例は、「テクニック」でしかないので、土台を理解していなければ、逆効果でしかありません。

コピーライティングの3つのNOT

私も、最初にこの考え方を聞いたときは、非常に驚き、世の中を見る目が変わったほどです。

その3つのNOT(〜しない)とは、

人は自分の言葉を絶対に聞かない(読まない)

人は自分の言葉を絶対に信じない

人は自分の言う通りには絶対に行動しない

という3原則です。

・聞かない(読まない)壁

・信じない壁

・行動しない壁

という3つの壁を壊してこそ、人は自分の言う通りに行動してくれるのです。

多くの人は、

「広告を出せば、みんな読んでくれるだろう」

「メルマガを出せば、みんなメールを見てくれるだろう」

「自分の商品の良さを信じてくれるだろう」

「商品を発売すれば、みんな買ってくれるだろう」

という希望的観測で、ビジネスをしようとしてしまうのですが、これこそが大きな間違いなのです。

例えば、あなたが自宅のポストを開けると、たくさんのチラシが入っているとします。

あなたは、そのチラシを全て持ち帰り、全てのチラシを一語一句読みますか?

読まないですよね?

なのに、自分がいざチラシを出す側になると、「俺のチラシはみんな読んでくれるはずだ!」と勘違いするのです。。(不思議なものですね。。)

3つの壁を壊すには???

この3原則を知っていれば、人に自分のメッセージを届け、内容を信じてもらい、行動を促すことが、どれだけ大変なことかを理解できると思います。

だからこそ、逆算して、読ませるためはどうすればいいか?信じてもらうためにはどうすればいいか?行動してもらうためにはどうすればいいか?を真剣に考える必要があるのです。

例えば、

・チラシを読んでもらうために目立つキャッチコピーを入れる(ターゲットの悩みにダイレクトに訴求する言葉を使う)

・メルマガを開封してもらうために、好奇心をくすぐる件名を書く

・自分のことを信用してもらうために、実績や売上の証拠を見せる、過去のお客様の声を見せる

・商品を買ってもらうために「え?こんなにつけちゃうの??」という驚異的な特典をつける、締め切り明確に設け、締め切りを過ぎると値段が大幅に上がる設定にする、、

などなど、3つの壁を壊すために、様々な施策を行うことが必要になるのです。

ぜひあなたも、「Facebookに記事を書けば、みんな読んでもらえるはずだ!」などと空想するのではなく、

「俺の投稿やメルマガなんて誰も読まないだろう」

というネガティブな気持ちでいるぐらいがちょうどいいです。

そのような厳しい前提でいるからこそ、「行動してもらうためには、ここまでしないとダメだ!」という基準を自分に設けることができるのです。

そのマインドを忘れてしまったら、どんなに実績がある人でも、終わりだと私は思っています。

最速で壁を壊す方法は「〇〇」を使うこと??

さて、ここまで「コピーライティングの3つのNOT」について解説をしてきましたが、今の時代、その壁を最速で壊せる方法があるとしたら、ベストな方法があります。

それは、「動画」をマーケティングに使うことです。

Facebookのタイムライン上にも、どんどん動画が増えていますよね??

Facebook、Twitter、InstagramなどのSNSにおいては、動画をアップすると、「自動再生」をします。

人の目は動いているものに反応をするので、まず「見ない」の壁を壊せます。

そして、その人が動いているところを見ることで、服装、表情、しぐさなどもダイレクトに伝わるので、適切に動画を使えば、信用度が上がる可能性が高くなります。

そして、視覚と聴覚の両方に訴えかけることで、行動を促しやすくなります。

もちろん、「動画を使えば全てが簡単にうまくいく」とは思って欲しくないですが、動画を使えば、文章や静止画に比べて、非常に多くの情報量を伝えられるので、他の方法をよりも優位になります。

動画を使ったマーケティングを使いこなしたい人は、私が書いた「スマホ動画マーケティングレポート」をぜひお読みください!

今の時代は、誰でも簡単に動画を制作できる時代なので、あなたも自分のメッセージを動画で伝え、3つの壁を壊すことで、望む結果を手に入れましょう!

それではまた!:)

追伸:

私の動画マーケティングと反応率を高めるSNS向け動画制作の方法を学びたい人は、こちらのオンライン講座がオススメですよ!