あなた!そう今見ている「あなた」です!

みなさんではないです。今、見ている「あなた」に伝えます。

「あなた」です!

あなたは「テレビとインターネットの違い」について考えたことがありますか?最近はインターネットで動画を見るのが当たり前になっているので、この二つを混同しがちです。

テレビとインターネットは大きく違いがあります。

誰が言ったかは定かではありませんが「テレビは大衆向け、インターネットは個人向け」という言葉があります。

テレビというものは「お茶の間のみなさまへ」届けるものです。世の中の多くの人に向けて発信される媒介です。

しかしインターネットというものは、パソコンやスマートフォンという個人的な物で見るものです。そこでは、テレビでは通用しないニッチなコンテンツでも成立します。

あなたに伝えます

私がプロデュースするときは「みなさん、という言葉を使うな!あなた、と言いなさい!」と口を酸っぱくして伝えています。

些細な違いに思うかも知れません。しかしこれが大きな違いになるのです。

私たちの発信の場はインターネットです。私たちの情報を受け取ってくれる人は、画面をひとりで見ています。

そこで「みなさん」と言われてもピンときません。

「この文章を読んでいるあなた」

「この動画を見ているあなた」

などと言われたら「この人は私に対して話をしてくれる」と感じ、もっと心を動かされるはずです。

「あなた」「インターネットとテレビの違い」を意識して自己発信していきましょう。

インターネットマーケティングで大切なことをレポートにしました。ぜひご覧になって最先端のマーケティングメソッドを学んでください!

フェニックスセミナーレポートを無料で手に入れる!