希少価値のある人間になる方法

世の中には2種類の人間がいます。あなたはどっちでしょう?

希少価値のある人間になる方法

つくる人、売る人

世の中には

商品をつくる人

商品を売る人

2種類の人間がいます。

 

これは

商品をつくる人=職人

 商品を売る人=マーケッター

と言い換えることもできます。

 

2種類の人間どちらが優れているかという話ではありません。

「商品をつくる人」も「商品を売る人」どちらも必要です。

 

商品をつくる人の考え方

「商品をつくる人」や「職人」と呼ばれる人は

素晴らしい商品を作り出すことができます。

 

そして多くの場合

「自分がつくった商品は最高だ!」

「最高の商品だから大きく売れるだろう!」

と自信があります。

 

商品を売る人の考え方

「商品を売る人」や「マーケッター」と呼ばれる人は

商品を作り出すのではなく、商品を売ることが仕事です。

そしてマーケッターたちは

「商品は最高だが、これはお客様が欲しいものだろうか?」

と考えて行動します。

 

マーケッター不足の現代

最近は

「職人と呼ばれる人々はすごい!」

「こんなにすごい職人が日本にはいる」

ということがよく言われます。

たしかに職人と呼ばれる人々の技術はすごいものでしょう。

 

しかし今の時代は

職人的な考え方だけでは、お金を稼ぐのが厳しい時代

になっています。

 

世の中の比率は商品を売る人「マーケッター」が圧倒的に少ないのです。

「商品を売る」ことができる「マーケッター」こそが希少価値のある人間になるのです。

いくらよい商品であったとしても、その魅力を伝えられなかったり、必要としている人に売り込むことができなければ売れません。

 

それはあまりにももったいない!

だからこそ「商品を売る力のある人」を増やさなければいけません。

 

あなたは、どうなりたい?

あなたは

「商品をつくる人」ですか?

「商品を売る人」ですか?

 

もしくは

「商品をつくって、売る人」でしょうか?

あなたも「自分はどうなりたいのか?」ということをこの機会に考えて見ましょう!

 

「商品を売る人」になるために必要なことをレポートにまとめました。

ぜひご覧になって最先端のマーケティングメソッドを学んでください!

フェニックスセミナーレポートを無料で手に入れる!