ジェフ・ウォーカーのスタート:できることを始める

プロダクトローンチの開発者は、ジェフ・ウォーカーという世界トップクラスの起業家です。今でこそ世界トップクラスのジェフ・ウォーカーですが、プロダクトローンチが生み出されたのは、彼が専業主夫として生活に困窮していた時でした。今回はそんな彼の特徴的なエピソードを紹介します。

ジェフは専業主夫として幼い子どもを家で見ている日々を送っていました。そんなある日に、妻であるメアリーが泣きながら帰宅しました。自分がひとり外に働きに出ている今の生活にメアリーも限界だったのです。

追い詰められたジェフは働きに出ることになりました。しかし、彼は6年間子どもの世話をしていただけです。資格も経験もありません。

「資格も経験もない人間を雇うところなどないだろう…」と考えたジェフは、就職に役立つ学位を大学でとることを思いつきます。しかし今度は、大学に提出する入学願書の「経歴」に何も書くことができないことに気がついたのです。

ジェフは考えました。

「経歴として書くことが何もないのであれば作ればいいんだ!」

ジェフは履歴書に書くことができる経歴を作るために、株式市場についてのニュースレターをメールマガジンとして発信することにしました。そうすれば、「ニュースレターの発行人」という肩書きを書くことができると思ったのです。

彼はこのメールマガジンのニュースレターを自分の友人たちに向けて発信し始めました。その読者の数は、最初たったの19人です。しかもその内の2人は、ジェフ自身と妻メアリーだったので、実質の読者は17人です。しかし、ジェフは発行を続けました。

そしてニュースレターを発行し始めて数ヶ月後、経歴欄に「ニュースレターの発行人」と書くことができたジェフは、無事に大学に入学することができたのです。

ジェフは現状をなんとか変えなければいけないことを突きつけられ、実行しました。

「何かできることはないか?」その思いがあっても行動する人は実は多くはありません。しかし、ジェフは実行したのです。自分にできることを始めたのです。

その一歩が、伝説の起業家となるための一歩となりました。

プロダクトローンチを生み出したジェフ・ウォーカーの5日間のセミナーの内容をフェニックスセミナーレポートとしてまとめました。

ぜひご覧になって最先端のマーケティングメソッドを学んでください!

フェニックスセミナーレポートを無料で手に入れる!