「ネイティブ」こそが今のキーワード

今、インターネット上では、「嘘をついていないか?」「リアルであるか?」ということが非常に重要視されます。特にソーシャルメディア上では、それが非常に大切です。ここでのキーワードは「ネイティブ」という言葉なのですが、それについてお話しします。

ユーザーは偽物には飽き飽きしている

数年前までは、インターネット上では、「真実よりも幻想を見せる」のが流行っていたと私は思います。

本当の自分の姿を見せるのではなく、高級車をレンタルしたり、高い服を見にまとい、イメージ画像や動画もプロに頼み、「いかにかっこよく見せるか?」「普段の自分よりも何割も盛れるか??」という虚像をつくるのが、当たり前でした。

ある意味、ユーザーも、その「幻想」に憧れ、お金を払っていた部分もあると感じます。

しかし、やがてユーザーも「それらは幻想だ」ということに気付き始め、「嘘をついていない本物や、誠実な人」を評価する傾向が高まっています。

生配信が流行っている理由とは?

その特徴の1つに、今、「生配信」がブームであることが挙げられます。

例えば、LINE@、Facebook、Twitter、Instagram、YouTube、Vimeo、、

などなど、主要なSNSは、「生配信」に対応しており、そこまで毎日、数え切れないほどのユーザーが、スマホやタブレット、パソコンで、「生配信」をしているのです。

当然、生配信ですから、編集はできません。

編集された動画であれば、話が下手な人でも、編集でごまかすこともある程度は可能です。

しかし、生配信であれば、ごまかしは効きませんし、失敗すれば、すぐに伝わります。

それが今の時代のキーワードなのです。

編集されて、真実をねじ曲げられたコンテンツよりも、「嘘をついていない、ありのままのコンテンツ」が好かれる時代なのです。

あなたのコンテンツは「ネイティブ」か?

ここでの「ネイティブ」というのは、「英語がネイティブ」という言語の話ではなく、「自然かどうか」という意味です。

例えば、Facebookにしろ、Twitterにしろ、Instagramにしろ、ソーシャルメディアとは、「ユーザー同士がアップしたコンテンツを楽しむ」というのが基本です。

誰も、「売り込み目的の宣伝ページ」なんて読みたくないのです。

だからこそ、スマホでFacebookを見るとき、「あ、これは広告っぽいな」と思われたら、無意識でユーザーにはスルーされてしまいます。

しかし。「あ、なんか面白そう!」「自分のためになる情報っぽい」と思ってもらうことができれば、仮に広告であっても、クリック率は高まります。

あなたが、ソーシャルメディアを使って、新しいお客様を集客したいのであれば、各メディアの特徴を理解し、「売り込みではない、そのメディアにおける自然(ネイティブ)なコンテンツ」をどんどん出す必要があります。

(このブログ自体も、Facebook広告を使ってリーチを増やしていますが、売り込みではなく、まずは「役に立つコンテンツ」を与えることを優先しているのがわかってもらえると思います。)

広告に見えない広告を出しなさい

特に、今は、Facebook広告を始めとする「SNS広告」が大きな成果を出しやすいです。

かつては、GoogleのAdwords広告にもそんな時期はありましたが、今では、「インターネットで集客をしたいなら、Facebook広告を絶対にマスターしなさい!」という時代です。

私も今、Facebook広告を活用することで、売上を増やし、大きな結果を得ています。

ですが、多くの人は、Facebook広告で結果を出すことができていません。。

では、「Facebook広告で結果を出せる人と出せない人の違い」は何だと思いますか?

それは、「結果を出せる人は、広告に見えない広告を出している」

「結果を出せない人は、広告に見える広告を出している」

という違いです。

私がFacebook広告で結果を出せているのは、他の多くの人のように、「メールアドレスを入力してください!」「無料セミナーに来てください!」という「売り込み」の広告ではなく、

ブログや、動画を使ったビデオブログなどの「純粋なコンテンツ」を広告を使って、拡散しているからです。

その上で、「メールアドレスの登録を促す広告」を出す場合も、デザイナーがつくったような綺麗なかっこいい広告クリエイティブではなく、スマホでとったような、素人感丸出しの素材を使っています。

そうすれば、「あ、これは広告だな!」と警戒されずに、クリックをしてもらえるのです。

実際に私が出している広告をいくつか貼っておきますね。

(全て、あまり広告っぽさを出さないことをあえて意識しています。プロのデザイナーにつくってもらう広告クリエイティブは、結果が出ないです。)

 

これからも「コンテンツは王様」である

かつて、マイクロソフトのビル・ゲイツが、「インターネットにおいて、コンテンツは王様である(content is a king)」と言いましたが、それは今の時代も一緒です。

いかに「価値があるコンテンツ」「喜んでもらえるコンテンツ」を量産できるか?こそが、インターネットで集客をし、ビジネスを継続できるかどうか?の分かれ道になるのです。

私もこれからも、このブログや、動画などで、どんどん価値あるコンテンツを出していきますので、ぜひ私のコンテンツをご覧いただければ嬉しいです。

あなたも、どんどん価値あるコンテンツをまずは無料で提供してくださいね!

このような内容をもっと学び、Facebook広告で結果を出したいのなら、私が書いた、「稼げるFacebook広告完全ガイドブック2018」を無料で読んでおいてください。

無料で「稼げるFacebook広告完全ガイドブック2018」をダウンロードする!

(ダウンロードにはメールアドレスの登録が必要となります。)

それではまた!:)