2018年のマーケティングトレンドは?

もうそろそろ2018年も近づいて来ましたね!今日のブログでは、「2018年に大切になるマーケティングトレンド」についてお話をします。

大事なのは「リストとの関係性」

これはいつの時代もそうなのですが、「いかに自分のリストと良い関係性を保ち続けるか?」が、ビジネスで結果を出せるかどうかの基準となります。

手に入れたメールアドレスに、全然メールを送らなければ、久々にメールを送ったときに「あれ、こいつだれだっけ?スパムメールかな??」と思われます。

または、「こいつのメール、いつも宣伝ばっかりで、開く価値がないなー」と思われてしまったら、配信解除してくれればまだいいものの、メールが届いても開いてもらえなくなります。

もちろん、登録してから時間が経てば経つほど、見込み客の熱は冷めていきます。

だからこそ、ウェブセミナーやプロダクトローンチなどのキャンペーンを自動化したり、定期的にリアルタイムで行うことで、見込み客との関係性をできるだけホットなまま保ち続ける必要があります。

さらに増すFacebookの存在感

そして、あなたの好き嫌いに関わらず、インターネットマーケティングにおいて、Facebookの存在感は、増し続けています。

最近、私がFacebookライブを見た、とあるカナダのマーケッターが、

・FacebookメッセンジャーBOT

・Facebookライブ

・Facebook広告

「この3つは必ずしっかりやりなさい」、と言っていました。

メッセンジャーBOTに関しては、まだみんな思考錯誤しながら、テストをしている感じですが、2018年にはもっと活用する人が増えていくでしょう。

そして、上記の3つは、どれも「見込み客との関係性を密にすることができる」というツールでもあります。

メッセンジャーBOTは、登録してくれた方の反応に応じて、異なるメッセージを送ることも可能ですし(高度な設定をするのは大変だと思いますが。。)、

またFacebookライブは、「生配信」なので、視聴者の反応をダイレクト聞いて、やりとりしながら、コミュニケーションができます。

そしてFacebook広告は、「Facebookユーザーの属性や行動に応じて、パーソナライズされた広告を届けられる」というのが特徴です。(特定のサイトにアクセスしてくれた人だけを限定して広告を出せたりします。)

パーソナライズされたメッセージを送りましょう!

そして、今は、いかに「パーソナルなメッセージを顧客に届けられるか?」が大事な時代です。

今、多くの見込み客は、一斉配信で毎日のように送られてくる宣伝メルマガや、たくさんの広告に飽き飽きしています。

「俺は10万リスト持っているぜ!」とドヤ顔で語る「有名(?)マーケッター」がたまにいますが、

10万人に同じメルマガを毎日配信しても、大した効果は得られません。

それよりも、読者の反応に応じて、送るメルマガの内容を変えていったほうが、確実に売上は上がります。

私の場合は、メルマガを読んでくれている読者さんには、ちゃんと私が書いたメルマガを送っていますが、

反応がない読者さんには、私のスタッフが書いているアフィリエイト用メルマガを送るなど、相手の合わせて、送るメルマガを変えています。

これからはさらに、「特定の商品を買ってくれた人へのメール」「逆に、買ってくれなかった人へのメール」など、

どんどん相手の行動に合わせて、送るメールを変えていくつもりです(それをできるだけ自動化する予定です。)

フェイスブックメッセンジャーもそのような使い方もできますが、「マーケティングオートメーション」と呼ばれるツールを使うことで、そういったパーソナライズされたメールマーケティングが可能になります。

(なかなか日本語に対応したものが少ない、あっても高い、のが残念ですが。。)

インターネットマーケティングの良いところは、一斉に大量の人たちにメッセージを瞬時の届けられることですが、これからの時代は、

「どれだけ細かく細分化したターゲットごとに適切なメッセージを送れるか?」が肝になります。

ぜひあなたも、媒体や、自分が持っているリストを質や種類に応じて分類し、異なるメッセージを送る、ということを意識してみてくださいね!

そのための方法やツールに関する方法は、これからもどんどんお届けしていきますので!

それでは2017年もあと少し、ラストスパートを頑張りましょう!:)ではまた!